エストニアのe-residencyについて

エストニアのe-residencyについて簡単にご説明します。

 

 

北欧のシリコンバレーとも言われているエストニアでは、

すべての手続き(納税など)がオンラインでできることを

人口130万人の小国の目標・特徴として挙げており、E-Estonia

としてプロジェクトを立ち上げています。

 

15072549660_9b94245b90_z

私もこの方針に共感し、2015年4月に日本のエストニア大使館でe-residency

を申請、現在日本から申請した第1号のエストニアe-resident(電子居住者)

になっています。

 

 

これは居住ヴィザとは全く別物ですが、もし現地エストニアで法人を立ち上げ

る場合、e-residencyを持っていれば銀行口座開設などのステップが簡単に

なる事となるようです。

 

 

今後、E-Estoniaについて、またe-residencyの活用方法についても発信して

ゆきたいと思います。

 

 

 

プロフィール

DSC_7359_original (200x300)



秘書育成コンサルタント・パーソナル秘書協会 代表 永田 美保子(Mihoko Nagata) 

  

ごあいさつ

メールレターご登録

お問い合わせ

無料プレゼント・特別編集 外国人社長が好む”気分があがる” 接待用レストラン3軒  2016

メデイア等の情報

初の著書 「年収10倍アップの時間術」2017年2月20日発売! 

(出版社 クロスメディア・パブリッシング) 

Amazonのリンクはこちら 

豪華3大特典・購読者全員プレゼントのページ


マイナビエグゼクティブ・エージェント掲載中

2016年3月~月1ペース 署名入りコラム記事

こちらからどうぞ 


Wow!Me(ワオミー)アンバサダーの一人として就任、活動開始

2016年11月15日~「個人の得意が、誰かの役に立つ世の中を作る。」

というCtoC の新しいコンセプトに共感した各界のトップランナー達がアンバサダーとして選ばれています。

詳しくはこちらから

 


<座談会> 2015年10月17日(土) 「世界最新事情を語る!エストニア・E-residencyイベント」  取得者(e-resident)第1号として取得者2名とともに座談会に登壇  東京都港区01Boosterにて

 

10172015



カテゴリ一覧

リンク集

最新情報

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

メタ情報

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページの先頭へ

FXの仕組み