会社の中で「自分の資産」を作り上げることの大切さ (続き)

 

永田美保子です。

 

最初にお知らせです。

7/22(土)から開講とご案内していた

3回コースの上級秘書講座ですが

 

スタート日が

7月22日 ⇒ 7月29日

変更になりました!

 

その分 内容を練りに練っております。

 

ここだけでしかお話しない

ぎりぎりの話もします。

たとえば。。。。

 

・お局様と仲良くする方法

 

・上司の部下である社員の皆様との接し方

 

・上司の奥様と仲良くする方法 ←いうまでもなくキーパーソン

 

などです。どうぞお楽しみに。

 

詳細とお申込みはこちらから

 

・・・

 

 

さて、前回の続きです。

 

 

私が秘書の一員として

 

社内で行っていた

 

「知識の資産化計画」

 

ですが、

 

大きく分けて

3つの要素がありました。

 

1.全社のバックオフィス&秘書課共通のこと

(会社として事務系の人に必要な事)

 

と、

2.秘書課内でのみシェアすること

 

はたまた、

 

3.各秘書が、担当上司の個別対応として必要なこと

(こちらはプライベート情報を含むので

例え秘書間であっても、担当引継ぎでもないかぎりシェアしません)

 

 

 

個人ベースの3は専門的なので置いておいて

 

特に 社内の数人~数十人でシェアする

1と2はとても役立ちました。

 

 

書類などが一部変わっても

全体の流れを一度つかんでいれば

 

以前とは違うけど微調整

ということで

 

仕事の効率が全然違ってきます。

 

 

このデータベース化・マニュアル化

は、当初ボランティアベースで

 

自分が経験したからついでに

記録に残す、

 

というスタイルで始まりました。

 

「手がかり」や 「糸口」

 

をご提供というスタンスで

変更があったら有志が都度アップデート。

 

 

ところが、

 

この便利さに気づいて

社内で利用者が増えてゆくと

 

別の問題がでて来ました。

 

データをシェアすることに

あまり慣れていない

一般社員の事務系以外の人が

 

 

実際にマニュアルを参考にして

業務を行い、マニュアルとは違う!

ということで何らかの変更に気付いた場合

 

クレーマー的なご指摘をしてくるんです。

 

「書類がもう一つ必要だったよ!

困るよ。ちゃんと直しておいてね」

 

といったご意見を言ってくるんですね。

 

あれれ?

 

何で責められるんだろう???

 

う~~ん、

 

今まで誰もこういった社内のインフラ的資産形成に

着手したがらなかった理由がすこ~~しわかりました。

 

 

つねに変更がある前提で

あくまでも業務の参考になるように

作っている資料だから

フィードバックは歓迎。

 

つねアップデートしてゆくものなんですよね。

 

一方で、

 

サービスは受けるもの

社員の誰かが完璧にやってくれておいて当然

 

という意識の従業員の方も少なからずいる

 

みんなで協力しよう、

情報はシェアしよう

自分にできることで貢献しよう

 

という考えの人ばかりではないんですね。

 

ご存じのように多くの

多国籍企業、外資系企業、合弁企業は

従業員全員が一枚岩ではありません。

 

どういうことかというと

その企業に入社してきた背景があまりにも違うのです。

 

たとえば!

 

・新卒入社で純粋培養の比較的若手社員

 

・中途入社のキャリア組

 

・日系企業側出身で海外関連にアレルギーがあるタイプ

 

・外資側企業出身の何でもフェアにバリバリやりたいタイプ ←私はココ

 

そしてエグゼクティブ外国人たち。

 

 

などなど、価値観が違い過ぎて

コスモポリタン どころではなく

 

「動物園」と評する人がいましたね。。。

 

これだけ一人一人の価値観が違って分かり合えないと

 確かに違う動物かも・。。。。すごい表現だけどわかる気がする。

 

 

それでも、地道な啓蒙活動が実って

社内データベースは着実に進化してゆきました。

 

私自身何度か転職しましたが

 

私が働く会社どこでも

こういった「仕組み作り」

お手伝いすることが多くて

 

その時は大変なんですが

 

今の仕事にも役立っているな~~~と思うんですね。

 

やっておいて、何一つ無駄な事はないとつくづく思います。

 

 

 

<ご提供中サービスのご案内>

 

秘書向けセミナー・イベントの最新情報

 

 

 

+++

 

2017年2月20日 発売

「年収10倍アップの時間術」

(クロスメディア・パブリッシング)

永田 美保子 著

 

読者様ご招待・無料トークイベントの

開催決定しました!

 

7月26日(水)19:00~ 東京・丸の内にて

詳しくはこちらから 

↓↓↓↓↓

書籍『年収10倍アップの時間術』 トークイベント ご案内ページ

 

お席が半分ほど埋まってきましたので

気になっている方はお早めに!

 

オフィス街ですし間際にお申込み

殺到の可能性も。。。

 

司会者さんとの打ち合わせもすんで

やる気になっております。。。

 

 

↑↑↑↑

※この7/26(水)のトークイベントのチラシ(はがき大)を

置かせてくださるお店やコワーキングオフィス等を探しています。

お心当たりの方、ぜひ info@sophiemihoko.info までお知らせください。

 

 

Amazon(紙の本)で購入する

 

Kindleで購入する

年収10倍アップの時間術

 

楽天ブックスで購入する

 

 

 

 

 

 

 

 

私にとって好きな事、文章を書く事

7月1日土曜日は

「やりたい事を楽しむ事が仕事になっちゃう生き方とは?」

 

という、NZから来日された、

コーチングの先生(Mari Fennさん)

中心に開催されたお話会になんと、

 

ゲストスピーカーとして参加させていただきました。

 

熱く語って下さるメインスピーカーのMari Fennさんと

 

もうお一人の主催者スピーカーで

NZ在住28年の現役CAである小嵐和歌子さん、

 

さらに素晴らしいお話を披露してくれた

(映像関係で世界一みたいな方に評価されたということで

わたくし自身価値が分かっていません。。。)

Kazuko Nishitaniさんのエピソード

に圧倒されながら、

 

「わたしの好きな事ってなんだろう?」と思っていました。

 

 

 

文章を書くこと、本を読むこと、人に伝えること。

 

10代の頃はいろんな意味で生活に追われていたので、

現実逃避と新しい世界を求めて随筆を好んで読みました。

 

高校生の時から最も好きだったのは増田れい子さんの随筆。

 

男性(ご主人の事)が代筆したのでは?

と陰で言われるほどの無駄がないわかりやすい、

上手な文章が好きで

特に『独りの珈琲』(三笠書房)は文庫本を持ち歩いて

すり切れるほど読みました。

 

社会人になって自立したら

増田さんほどの優秀な女性でもこのように、

男性と比べられて悔しい思いをする経験もするのだな

(女性の新聞記者第一期生ですしね)と、

リアルな描写に感情移入しながら読んだのを覚えています。

 

余談ですが、この本(独りの珈琲)

Amazonで見たら絶版らしく

文庫本にプレミアがついて21000円になっていました!

 

なぜ唐突に増田さんの事を思い出したのかというと

私の著書『年収10倍アップの時間術』

を読んでくださったニュージーランド在住の女性が、

私の文章から

 

「わかりやすくて

男性の書いた文章のような印象を受けた」

という感想を伝えてくださった。。。。

 

という事をお聞きして、

 

僭越ながら、男性の文章と言われて

揶揄されていた増田さんの事を思い出したのです。

 

私は、女性らしい(と言われる)

華やかなイメージ先行の文章はまず書けないし。

 

実は、独立してから、ここ2年の間に

「女性クライアントにアピールするためのセールスレターの書き方」

について、女性コンサルタントの方2名に習う機会があったのです。

 

 

そう、女性に人気のある2名の方にそれぞれ。

やってみましたよ、ええ。

 

・・・しかし、どうしても居心地が悪い。

 

どんなに叱咤激励されても

全く指導された通りのキラキラ文章は出来ませんでした。

 

”楽しそうに、明るい未来を提示してキラキラと” は無理(笑)

 

それよりも

 

”具体的に、ロジカルに、辛口に、でもリアルに”

が私らしい。

 

そしてその原点には

10代の時に読みふけった増田さんのエッセイや、

他のジャーナリストの方の紀行文などを通して

 

「事実を余計な感情を伴わずに

かつ臨場感を込めて相手にわかりやすく伝える」

 

という考え方があり、

それが思想のようにしみついているような気がします。

 

外資系企業のエグゼクティブにとっては、

そんな私の、無駄を省いて要点を先に伝える

姿勢がちょうどここち良いでしょうが

 

日系企業の役員秘書としては、こんな合理的な進め方は

 

「配慮が足りない」「おもてなしの心が感じられない」

 

という評価になる事でしょう。

 

適材適所。

 

何が言いたいかというと、

 

今回、ビジネスパーソン向けの

ビジネス書を書かせていただいたのは、

私にとってとても幸運な事だったと

感じているという事です。

 

そしてこの本には、キャッチーなタイトルとは

裏腹に、

 

人生を大切に過ごすために必要不可欠な指針が含まれているという事。

 

人生哲学と言い換えることも出来るでしょう。

 

今回は、来たるトークイベントのリハーサルだと

思って思い切ってしゃべりました(笑)

 

 

 

 

緩むことが結局は自分の欲しい結果につながる

永田美保子です。

 

自分で言うのもなんだけどいつもデフォルトで

 

「がんばっちゃう」方でした。

 

外資系企業エグゼクティブ秘書時代は

 

100%出来ていなければ人に非ずという

モットーの元。

 

同僚や後輩にも

(先輩にもやんわりと~)チェックハート

 

プレッシャーをかけていたのは私です。

 

 

プレッシャーが嫌だと言いつつ

自分が自分にプレッシャーをかけていたから

 

回りの人のやることなすことすべてプレッシャーに

感じていたんですね。

 

そしてついに強制終了がかかり、介護退職という名の退職。

 

独立起業して、なんだかいろんなことに

チャレンジする2年を通じてやっと見えてきたことが

 

まさに~~~

 

こちらの記事でタマオキアヤさんがおっしゃっていること。

 

「頑張らなくなると、体が緩みます。

 

緩むと感性が開き、小さなことがじわっと幸せに感じるんですね」

 

 

 

これが、沁みますね~~~自分らしく生きるには何より大事なこと。

 

感性ってどんな仕事にも大事。でも頭で考えてたら開かないですよね。

 

こういう時こそ、緩むことが必要ですね。

 

たとえば、自分が立てたキャリア上の

 

目標に対して、

何が何でもこれでないとっておもっていると

 

頭を使いすぎたり

目的と手段がごっちゃになったりしがちなんです。

 

すると努力してるのに結果が出ない。。。

 

例えば、

秘書の採用試験を受けるとして

最終のエグゼクティブ上司との面接では、

 

スキル云々はどうでもよくて

(まあ、良くはないですけど)

 

感性が試されていると言っても

過言ではないですから。

 

 

 

 

今の私が伝えられることは、

秘書として活躍すること自体がゴールではなく

 

秘書というツールを通じて

その人にとっての幸せを楽しく実現することが大切!

 

だから秘書をリタイアしたあとのキャリアプランも

考えておこうね(って言うと驚かれるんですが)。

 

その人が、楽しく幸せに生きることこそが大事。

 

今、自分が考えていることがすべて現実になるから

 

(↑ ・・・・ってホントにシンクロで

あらゆるところからいろんな人の口を通じて言われてることにやっと気付いたのです)

 

ホントにね、力を抜いた方が上手く行くって

あるんです。でも習慣で力が入っちゃう。

 

 

実はエグゼクティブこそ、力を抜くこと、

ゆだねること、実践してます。

 

詳しくは2月に出した、この本に書いてあります (宣伝です)音譜

========

 

新刊著書のご案内

「年収10倍アップの時間術」

(クロスメディア・パブリッシング)

 

出版記念イベント・読者全員プレゼントのお知らせ

 

最新イベント情報

 

2017年7月26日(水)19時より

 

東京・丸の内にて出版記念トークイベントを行います!

(読者様限定・入場無料)

 

先着50名様限定ですので、今すぐお申し込みを!

 

詳細・お申し込みはこちらから!

お会いできますのを楽しみにしております。

 

 

★メールレターのご案内★

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

 

深く掘り下げたパーソナルな内容はメールレター

でのみお送りしています。

(ブログにかけないこと、書籍にもかけないことなど。。。)

週1-2回を目安に不定期発行しています。

 

<ご提供中サービスのご案内>

 

秘書向けセミナー・イベントの最新情報

 

永田美保子の講座・コンサルティング等最新情報一覧はこちら

 

 

*一番人気は2時間の、コンサルティングセッションです。

何でもご質問ください!秘書以外の方も歓迎です

マンツーマン個人コンサルティング 

 

 

【無料プレゼント】

お待たせしました!2017年バージョンになりました。

購読者プレゼント:外国人社長 が好む 気分があがるレストラン 2017 (東京編)

外国人社長 が好む ”気分があがる” レストラン3軒を実際に訪問してまとめました。

 

こちらのフォームにご記入いただくと折り返しのメールでpdfを差しあげます。

 

 

 

 

3 / 41234
 

プロフィール

DSC_7359_original (200x300)



秘書育成コンサルタント・パーソナル秘書協会 代表 永田 美保子(Mihoko Nagata) 

  

ごあいさつ

不定期メールレターご登録

毎朝届くメールレターご登録

お問い合わせ

New !無料プレゼント・特別編集 外国人社長が好む”気分があがる” 接待用レストラン3軒 2017

メデイア等の情報

初の著書 「年収10倍アップの時間術」2017年2月20日発売! 

(出版社 クロスメディア・パブリッシング) 

Amazonのリンクはこちら 


マイナビエグゼクティブ・エージェント掲載中

2016年3月~月1ペース 署名入りコラム記事

こちらからどうぞ 


Wow!Me(ワオミー)アンバサダーの一人として就任、活動開始

2016年11月15日~「個人の得意が、誰かの役に立つ世の中を作る。」

というCtoC の新しいコンセプトに共感した各界のトップランナー達がアンバサダーとして選ばれています。

詳しくはこちらから

 


<出版記念トークイベント> 2017年7月26日(水) 『年収10倍アップの時間術』 著者・永田美保子による出版記念・トークイベント 東京都千代田区丸の内にて

無事終了いたしました!ありがとうございました。

 

10172015



カテゴリ一覧

リンク集

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページの先頭へ

FXの仕組み