私が、肌で感じるBrixit 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こんにちは
永田美保子です。

 

Brixit について、
真面目に語れる立場でもないのですが、

 

ここ数日のヨーロッパ・アメリカ・日本
の働き盛りの世代の人たちの顔色を
見ているうちに
自分なりになんとなく 感じたことを

 

書いてみます。
もしかすると、日本の大企業が肌に合わなくて

 

海外に飛び出して、
英国で青春時代をすごし、北欧で働き
日本に帰国後米国・ドイツ企業に勤めた私が、

 

「いまここで」 違和感とともに
肌で感じるBrixitの印象が
何らかの参考になるかもしれません。

 

 

正直、なんだか出されちゃったのかしらね~
という印象です。

 

ただ、みんな自分事じゃない人は無関心ですよね。

私も自分の外貨預金関連以外は無関心でした。
そして。。。最近の発見。

 

 

(ここ2週間ほどヨーロッパ大陸国系の企業の
サポートで不定期に仕事をお手伝いしてます♡)

]

 

ヨーロッパ大陸国に本社がある製造業
の多国籍企業はとても米国色が強いのです

 

英国のやり方は人気無いんですかね?

 

ちなみに、何をもって米国的と感じたかというと、
1.企業内で米国生まれの管理手法
研修方法を多く用いている。

 

2.組織の仕組みがテンプレでも
あるのかと思うほど標準化されていてわかりやすい

 

米系企業にいたものからすると、非常に

分かりやすい ”ザ・外資” のやり方。
・・・要はアメリカっぽいのですが。

 

日常、ヨーロッパ人(たとえばスイス人など
「ヨーロピアンは~ ・・だから」
とパブなんかで話すときの「ヨーロッパ」
は、ほぼ100パー英国を含んでいません。

北欧・バルト3国や旧ロシアも除くと思う。

そんな中、肌で感じる

「イギリス以外の ヨーロッパ」は、

 

やはり日本・アジアで効率的に動くため

には、グローバルな共通言語でもある、

アメリカのやり方を取り入れてるんだな、

と思うのです。

 

私などはもともとヨーロッパ好きが米国
企業にご縁があり、頑張って合わせてい
たら、米国式がわかりやすくて心地よく
なってしまったという、非常に柔軟な
落ちこぼれです。(笑)

 

当然ながら、米国方式にも弊害はあります。

 

2年前までの米国企業会社員時代、
standardize スタンダダイズ(規格化する、
標準化する、統一する、画一化する、共通にする)
という言葉は私がとっても苦手な言葉でした。

 

なぜかというと、個別に様々な業務に対応
している役員秘書業に対して
「型にはめる」ことを良しとする方針が
感じ取れ、ますます自分の居場所が狭まって
ゆくように感じたから。

上司である米国エグゼクティブに、
「スタンダダイズ」の大切さ、必要性を説かれるたび、

私の心の中には、ホンダのエピソードが思い浮かぶのででした。

 

そう、米国工場進出の際に行った苦肉の策、

つまり 現地ライン作業者のアメリカ人労働者が
作業を楽にできるように思い切って
エンジン等のつくりを簡略化・標準化
したエピソードです。

 

 

標準化=出来ない人に合わせて簡単にする

というイメージをどうしても捨てきれなくて。

 

 

職人技の確保よりも合理的で規格通りに進む、

アメリカ的 な流れに乗ってヨーロッパ(大陸)は
いったいどこへ行くのでしょうか。

 

Brixitの話は禁句なのか、ここの某国
関連の人の話題には出ないみたい。。。

 

本当は私、英国大好きなんですけど。。。
EUから追い出されることになったなんて。。。
 今は、嵐の前の静けさを堪能する様な気分です。

 

 

 

そういえば、この6-7月の英国といえば、
ウィンブルドンテニス大会も目が離せません。

ケント州のイチゴと生クリーム、
それにシャンパーニュ(ランソン)?ですね!

 

気を取り直して、何があってもたくましく

生き抜くことにしましょうか? 

 

 

★★メールレターのご案内★★

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっともっと深く掘り下げた

パーソナルな内容はメールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

※ 特別無料プレゼント

 

購読者プレゼント:外国人社長 が好む 気分があがるレストラン 2016 (東京編)

外国人社長 が好む ”気分があがる”レストラン3軒を特別にまとめました。

 

こちらのフォームにご記入いただくと折り返しのメールでpdfを差しあげます。

 

 

 

★ Mihokoのおすすめ書籍(ビジネス関連)★

 

英文メールを書くときにとても使いやすい!まさに座右の書。

人気通訳の方の話題の本ということで手にしたのですが、

内容もとても分かりやすく、メールが3文でOK???

という奇跡のようなタイトル。

つまり書くことの要旨を3つの要素に分けて順番に記載するという

目からうろこの(でも超正統派)メール術です。

 

お勧めです! リンクはこちら↓
関谷英里子の たった3文でOK! ビジネスパーソンの英文メール術

 

 

 

お勧めオンライン英会話
WOMANオンライン

女性講師によるきめ細やかなレッスン。

 

◆ 講師もスタッフも、ALL女性で運営しているWOMANオンライン。
女性スタッフならではの感性・視点を活かし、ホスピタリティの高いレッスン・サービスを提供中。 1回25分のオンライン英会話です。
【カリキュラム】 英会話大手「NOVA」が監修のカリキュラムを採用。 8段階のレベルに分かれているので、初めての方から上級者の方まで ご自身にあったレベルのレッスンを受講できます。詳しくはこちらから ↓

 

女性講師によるきめ細やかなレッスン。

エストニア・北欧経済視察ツアー ”メイキング”風景 その1

 

こんにちは。

 

 前回の記事に引き続き、エストニア・北欧

経済視察ツアーについてお届けします。

 

今、手配しているエストニア・北欧経済視察ツアーの

臨場感あふれる舞台裏(私がドタバタしている

だけともいえるかも?汗)をお伝えしてみたく。

 

ここで趣向を変えてメイキング風景レポート

をお送りしたいと思います。

 

このツアー自体は、旅行代理店である

北欧トラベル・ツムラーレコーポレーションで

全体の手配をしていただいています。

 

一方、部分的に個別手配部分に関しては

私のところに現地から情報が集まってきます。

 

そんな中から「メイキング」として

進行中の情報から面白そうなものを

お届けします。

 

今回はツアー2日目、49日(土)の

夕食についての話。

 

 

行く予定のフィンランド・ヘルシンキの

レストランKuuから4月以降のメニュー

が届きました。(メニュー日本語訳:永田)

 

ちなみにレストランKuuはこんなお店です

1966年創業の老舗ですが、フレンドリーな

お店です。

http://www.ravintolakuu.fi/en/frontpage

 

トリップアドバイザーのヘルシンキ・

レストランランキングでは、常に3位以内

にランクインしています。

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g189934-d1012790-Reviews-Ravintola_Kuu-Helsinki_Uusimaa.html

 

私が2009年に行った時のKuuの様子です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スパークリングワインで乾杯 外が良く見える明るい店内。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この時はスモークしたマスの前菜でした

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チーズ、一切れが割と大きくて食べごたえあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

デザート。 少しピンボケ。。。ベリーが特においしかったです。

 

 

44日から612日までのKuu 50周年

スペシャルメニュー。

シェフの特別メニュー :Kuuコース

Chefs Kuu 50-years menu  

 

Poached pike perch with pike perch ceviche and cauliflower creme

カワカマスのポシェ・カワカマスのセビーチェと

カリフラワークリーム

 

The organic Charolais beef brisket from Bosg?rd with asparagus, false morels and horseradish sauce

オーガニックのボスガード産シャロレー種ビーフ・

ブリスケット

アスパラガス、アミガサタケ、ホース

ラデイッシュソース添え

 

Local farmhouse cheese with fig jam

地元産 田舎風チーズ イチジクジャム添え

 

White chocolate creme with caramelized

white chocolate, fresh raspberries and raspberry sorbet

ホワイトチョコレートとラズベリーのデザート

 

何だか春らしく楽しみな感じですね!

 

特にシャロレー種オーガニックビーフは

なかなか日本では食べられないですし。

 

ボスガード村はヘルシンキから東に65キロほど

行ったところにある、ポルボーにあります。

ボスガ―ド・シャロレーブランドの牛肉は地元の

特産品。

 

また、50周年メニューでなくて通常の Kuuコース

は、直球な感じの ザ・フィンランド料理

(現代風アレンジ)です。

 

こちらにしようかな???迷いますね。

 

*通常のKuuメニュー

 

スモークサーモンスープ

Traditional smoked salmon soup

トナカイのフィレステーキ ワイルドマッシュルーム添え、ポートワインソース

Reindeer fillet with braised barley, wild mushrooms and Port wine sauce

 

地元産 田舎風チーズ、イチジクジャムを添えて

Local farmhouse cheese with fig jam

 

キャロットケーキと塩キャラメルナッツ・クリームチーズアイスクリーム

Carrot cake with salted caramel nuts and cream cheese ice cream

 

では、またアップデートしてゆきます。

 

 

★★メールレターのご案内★★

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

 

 

 

海外移住・海外起業の下見にもおすすめのご提案

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは。

 

今回は海外移住・海外起業の話です。

すこし間が空いてしまいましたが、、、

 

エストニアをお勧めしていた記事を覚えて

いる方もいらっしゃるかも?

 

 

さて、海外移住・海外起業の下見を考えている方、

私と一緒にこの4月に北欧とエストニアに行ってみませんか?

 

北欧専門の一流旅行会社(ツムラーレ・コーポレーション)

のご協力と、一緒に旅をしてくれる起業家・経営者の有志

とのご縁に恵まれ、何と、このたび

「起業家のための北欧・エストニア経済視察ツアー」

を企画させていただきました。

 

日程は今年 2016年 4月8日(金)から17日(日)の10日間です。

お申し込みの期限は2/29(月)です。ツアーの定員は10~15名。

 

 

もちろん私も実際に同行して企画担当・コーディネーター

・なんでも屋さんとして(笑)お世話させていただきますので

何でもおたずねください。

 

こんな機会はもうないので、我こそと思う方は、

是非参加をご検討いただけますと幸いです。

 

実は2月に入ってすぐに各方面にお声をかけ始めたので
もうだいぶお席が埋まってきてます。

 

ちなみに 「起業家のための」とうたっていますが

日本でも海外でも「未来の起業家」ももちろんウェルカム。
すでに日本で起業家・経営者で実績のある方たちもエントリー

してますから旅の仲間として、お互いに話をして刺激を受け

るのも良いですよね。

 

さて、現地でのハイライトをお伝えします:

 

フィンランド (ヘルシンキ): 大聖堂、スオメンリンナ要塞、ハイテク企業視察、大型客船など

スウェーデン(ストックホルム): 王宮、市庁舎、北欧のシリコンバレー見学

エストニア (タリン): 政府のイベント(Eエストニアのプレゼン)、地元大学生との交流、中世の街並み探検など

 

3都市とも、地域の違い(東京で言う丸の内のようなオフィス街、渋谷のような繁華街、浅草のような観光地、住宅地など) についても市内観光の中で説明いただく機会を設けています。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フィンランド、スウェーデンでは一般のツアーで

行かないようなこだわりの観光と、個人ではブッキング

が難しいハイテク企業等視察、日本とは品ぞろえが違う!

ことを実感する様な地に足がついたショッピングも取り

入れます。(現地ガイドさんにアテンド依頼します)

 

朝はホテルのロビーに時間に集まってくれた有志だけでの

シークレット企画 「Morning Walk with Mihoko (仮題)」

として(無料です)ヘルシンキのホテルそばにある教会で朝の瞑想、

ストックホルムの静かな公園の散歩などもひそかに行う予定。

 

若くてIT産業など活気のある国、エストニアでは特別に

政府主催の EーEstonia(電子政府)の説明会を日本からの民間

団体としては、ほぼはじめて開催してもらうなど、初めてがもり

だくさん。

 

また、会社設立・銀行口座開設希望者は現地のエストニア政府

サプライヤーとして認定された日本人経営の一流コンサル企業に

サポートもしてもらえます。(有料)

 

本当に、持ち帰っていただけそうなことが盛り沢山。

 

もしよろしければパンフレットをご請求(無料)ください。

お申し込みの期限は2/29(月)です。ツアーの定員は10~15名。

お問い合わせはお気軽に

メール info@sophiemihoko.info   までどうぞ。

 

起業家のための北欧・エストニア経済視察旅行 資料請求フォーム

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTXzdUUEv

 

起業家のための北欧 エストニア経済視察ツアー 仮申込書

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTXzUhAk

 

※仮申し込みの段階では料金は一切かかりませんので

ご安心ください。

 

★★メールレターのご案内★★

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

 

 

 

プロフィール

DSC_7359_original (200x300)



秘書育成コンサルタント・パーソナル秘書協会 代表 永田 美保子(Mihoko Nagata) 

  

ごあいさつ

不定期メールレターご登録

毎朝届くメールレターご登録

お問い合わせ

New !無料プレゼント・特別編集 外国人社長が好む”気分があがる” 接待用レストラン3軒 2017

メデイア等の情報

初の著書 「年収10倍アップの時間術」2017年2月20日発売! 

(出版社 クロスメディア・パブリッシング) 

Amazonのリンクはこちら 


マイナビエグゼクティブ・エージェント掲載中

2016年3月~月1ペース 署名入りコラム記事

こちらからどうぞ 


Wow!Me(ワオミー)アンバサダーの一人として就任、活動開始

2016年11月15日~「個人の得意が、誰かの役に立つ世の中を作る。」

というCtoC の新しいコンセプトに共感した各界のトップランナー達がアンバサダーとして選ばれています。

詳しくはこちらから

 


<出版記念トークイベント> 2017年7月26日(水) 『年収10倍アップの時間術』 著者・永田美保子による出版記念・トークイベント 東京都千代田区丸の内にて

無事終了いたしました!ありがとうございました。

 

10172015



カテゴリ一覧

リンク集

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページの先頭へ

FXの仕組み