役員秘書は孤独 

こんにちは

 

このブログを始めてから、

秘書の仕事についていろいろお問合せをいただきます。

3753906971_8e3ea81dbd_m

 

なかでも多いのが、

 

どうしたら秘書になれるでしょうか?

 

というご質問ですが、それ以上に多いのが

 

 

担当上司が変わるけれどうまくやれるか悩んでいます

 

担当上司の役職が変わるけれど、できるでしょうか

 

自分で仕事がちゃんと出来ているという実感がない。。。

 

などなど、謙虚で真面目なご意見です。

 

役員秘書は強気で怖いおばさんと思われているだろうと

思っていた私はある意味新鮮な驚きも感じました。

 

と同時に、こんなにまじめに仕事に関して悩んでいる

ことを、上司や周りの人たちは理解しているのだろうかという

疑問も感じました。

 

 

私もそうだったけど、悩んでも答えが出ないことってあります。

ましてや、秘書の一番大切な仕事は、重要なことを口外しないこと。

 

言えないストレス、理解されない思いがどんどんたまってゆきます。

 

そんな時は、友人に(同業ならなおよし)差支えない範囲で

打ち明けてみるのも良いかもしれません。

一番察してくれるでしょうから。。。

 

解決しようとは思わずに口に出してみると自分で解決できる

糸口が見つかることもあります。

 

あと、担当上司に伝えた方が良い事なら、私なら上司に

正直に恥を、忍んで相談するかと思います。

 

それが実は一番早い(経験者は語る)です。

 

言葉で言いにくいことをあえて確認しながら

交通整理していくのも秘書の資質だったりします。

 

もし、思い切って何かを聞いてみて、反応の鈍い

上司だったら、残念ですがそこまでとあきらめましょう。

 

★★メールレターのご案内★★

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

 

 

 

外資系企業と転職について 

 

こんにちは。

 

 

外資系企業と転職について、最近考えることがあったので書きます。

 

 

ご存知のように、外資企業の多くは転職者あるいはインターン
ありきで成り立っています。

 

多くの企業は、日本の大企業のように一斉に採用して教育した
りしないため、「すでに出来上がった」人材を求めるためです。

 

では、そんな外資に就職する人材って、どういう経験を積んできている

のでしょう?

 

 

例えば、下記のような事例が考えられるかと思います。

 

インターン(無給)生として実際に企業で学んだ

 

学生時代からアルバイトとして仕事をしていた会社
にそのまま就職

 

新卒で入社した日系企業で研修やOJTを通して学んだ

 

 

専門職(法律事務所、会計事務所など)経験者で
事業会社(一般企業)に転職

 

大学の専攻で既にビジネスや実際に行う業務について学んだ

 

派遣会社で新卒対象のトレーニングを受けた
思いつくのはこんなところでしょうか? (ほかの事例をご存じでしたら

ぜひ教えてください)
最近気になるのは最後に挙げた、派遣会社経由という事例。
最近、派遣法の内容も変わりましたが、派遣社の位置づけがずいぶん

変わってきているようですね。

 

元々は、10年以上前は、派遣社員というと、その道の経験者、

すなわち プロフェッショナルがなるものでした。派遣社員として

扱える職種が決まっていたと思います。

(古い話ですみませんが。。。)
当然、プロとして、時給も高いし、下働きという感じではなく、

例えば秘書 だったら秘書として上級役員の対応もほぼ社員と同じ

ように任されたものです。
最近は新卒で企業に就職というカテゴリーの中に、しっかりと

派遣会社に登録・就職し、そこで社会人としてのトレーニングを

受けて派遣先で働くという形での就職の形があるようで、最初それを

知った時は驚きました。
つまり、そういう人たちは社員としての就業経験がないまま、
トレーニングは受けることが出来て現場での仕事の経験は積んでゆくと

いうことです。

 

 

それはそれで 経験が増えることはよい事なのでしょうか、正規の社員や職員

としての権限がないまま (キャリアを積む機会が限られるとも言える

・正規雇用でないので)仕事の量だけが増えてゆく可能性があるのではないかと、

心配になります。
新たに就職活動をする場合、正社員でなくて派遣をずっと続けることになる、

ということも起きるような 気がしています。
元来、新しく業務内容を学ぶのではなくて既に持っている技能を
生かしてプロとして企業で働くのが派遣だったはず。。。。
企業にとっては固定費を抑えることが出来、雇用の調整弁のように

融通が利くので都合の良いように使われている場面が多いように

特に最近思います。
派遣だけでなくて契約社員、正社員も同じような
傾向になるのではないかと(ベネフィットは薄く責任は厚く)。
だったら派遣の方がいい、ってことになってしまうかも。
そして、派遣社員は本当に何の保証もないですから、自分で
自分の身を守る方法を考えておかないと。

 

 

友人で派遣会社の営業をやっていた人が、半分ジョークで

 

「派遣会社はスタッフのことなんて何にも考えていないわよ。
クライアント(派遣先企業)に言われたような人が行ってくれ
さえすればいいんだから」

 

 

と言っていたのがどうやら本当らしいと最近感じ始めています。

 

 

 

なぜなら、仕事は例え長期の案件でも3か月毎の契約でしか延長
できず。つまりスタッフから見るといつ切られるかわからず、
安定とは程遠い条件。

 

 

企業側はその3か月間が過ぎてさらに契約延長したいかどうかを
3か月毎に吟味できる権利があります。

 

 

スタッフがもし、その3か月終了時点で仕事をやめたい場合、
(仕事を続けたければ続けられる状態であっても)
クライアントがスタッフの延長を希望しているのにスタッフが
辞めたいというと、派遣会社の営業担当から、会社に迷惑が
かかるから、絶対続けるようにとかなりきつく言われます

 

 

企業はいつでも3か月ごとに切りたいときにスタッフを切れるけど

スタッフ側には 例え契約上3か月を満了していて、仕事を終了させる

ことが出来るはずなのに、その 自由がない。。。

 

ってまるで現代の奴隷じゃないですか?

 

派遣会社も良い人材が集まらないから、企業に切られないような

人材は何としてでも続けさせて稼ぎたいのでしょう。

 

 

スタッフが仕事を断るのは迷惑でも、企業がスタッフを切り捨てるのは
「スタッフへの迷惑」とはならないんですね。。。。
なんだか、最近どんどんおかしいことになっている派遣会社事情を
垣間見てしまいました。

 

 

というわけで、個人的には本当にやる気のある人で、外資に行く人は

紹介予定派遣 (Temp to perm)にチャレンジすることをお勧めしたいと

思います。 これだったらワーカー側にも社風を知ってから就職できる

というメリットがあるので。。。

 

でも、それよりさらに良いのは自分で起業してしまうことかも(!)

 

起業については別エントリーで書きますね。

 

 

★★メールレターのご案内★★

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

役員秘書の役割は損な役回り? (続編)

3971368971_8cd019ae71

 

こんにちは。

 

 

役員秘書は、損な 立場である例について、

前回の記事 に書きましたが、意外な

反響があり ました。

 

 

実はこの話には後日談があるのです。
そこで、続きを書きたいと思います。
某I社出身の厳しい上司、Kさん。
その仕事の進め方から学ぶことは本当
に多かったです。

愛がある方なのですが、仕事には本当に
厳しい。
前回話題にした、”秘書のミスという
ことにしてアポイント回避”のような件に

してもそうですが、本当に色々な件を
ぎりぎりの時間で回して切羽詰まって
くると、秘書のプライドとかメンツ
は考えている余裕なし。

 

私をあくまでツール としてとことんお使い

ください、という気分になります。

 

まあ、とにかく、手段を選んでいる場合では
なくなるのです。
Kさんも、そのような秘書とばっちりな裏技を

指示してくる ときは、「悪いけど、このよう

にしてくれる?」と一応、こちらに気を使って

依頼 してくれます。
他に良くある事例としては、社用車の手配で

担当運転手さんと 何らかの行き違いがあった場合。

具体的には、目的地に時間通り到着できない

など、 車内で険悪なムードになりそうなとき。

 

 

たいていそういうケースは運転手さんの
読み違いか、手配した秘書のミスか、不可抗力

か、微妙な 場合が多いのですが。。。

 

 

そんな時、ボスのすることは一つ。

⇒ 社内電話から秘書に電話して、手配ミスを
叱る。

もちろん運転手さんには丸聞こえ。

(というか聞かせている)
そうすると、運転手さんを叱らなくて
すむので、車内(長時間二人で過ごすので)
が気まずくならないで済みます。

 

 

こんな時の秘書はとにかく上司のお怒り電話を
聞くのみです。(本当に秘書のミスということも
往々にしてあります。。。)

 

 

 

また、最も厳しい例としては、「No Discussion・No
Excuse の法則」というのがあって(笑)。
(わたしが勝手に名付けました)

 

 

何らかの起きてしまったことに関して、
言い訳(理由を述べるともいいますが)
は一切なし。

 

こちらが何か言い訳がましいことを
話しそうになるとKさんにぴしゃりと話を打ち
切られます。”No Discussion !” と。

(もういい、って感じですね)

 

Kさんは、ちなみに前述したとおり、外資出身

の日本人です。

 

実は、私の後輩女子Mさんが、退任直前にKさん

を少しの間受け持ったことがあったのですが、

その後Kさんの退任に伴い、他の役員の担当に。

 

そして後日彼女が言った一言、「Kさんが、
秘書思いの上司だったということが
他の方を担当してよくわかりました。」
それを聞いて私もとても納得しました。

何故かというと筋の通らない事には納得
しない怖いKさんも、普段は優しいおじ様。

(意外と女子力が高いおちゃめな一面も)

 

実は、 秘書がちゃんと昼休みを取ってる

かなどすごく気にしています。

 

その当時の勤務先だったIT系企業は、当時、

業務が混沌としていたりと、ぎりぎりグレー

な社風だったのです。
昼休みなどちゃんと取れない、残業時間も超過して

いるような人達も多数。
秘書もご多分に漏れず。ランチ時間5分、なんて
事も。

 

でもKさんは 「気分転換ができないから
お昼休みはちゃんと休みなさい」と言って
くれたり。
そんな細かいところで秘書へのさりげない気遣い
をしてくれているのが伝わってきたので、特に

女子に人気がありました。

 

こうしてみると、土台となる、上司との

信頼関係がやはり大切だなと痛感します。

 

 

★★メールレターのご案内★★

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

プロフィール

DSC_7359_original (200x300)



秘書育成コンサルタント・パーソナル秘書協会 代表 永田 美保子(Mihoko Nagata) 

  

ごあいさつ

不定期メールレターご登録

毎朝届くメールレターご登録

お問い合わせ

New !無料プレゼント・特別編集 外国人社長が好む”気分があがる” 接待用レストラン3軒 2017

メデイア等の情報

初の著書 「年収10倍アップの時間術」2017年2月20日発売! 

(出版社 クロスメディア・パブリッシング) 

Amazonのリンクはこちら 


マイナビエグゼクティブ・エージェント掲載中

2016年3月~月1ペース 署名入りコラム記事

こちらからどうぞ 


Wow!Me(ワオミー)アンバサダーの一人として就任、活動開始

2016年11月15日~「個人の得意が、誰かの役に立つ世の中を作る。」

というCtoC の新しいコンセプトに共感した各界のトップランナー達がアンバサダーとして選ばれています。

詳しくはこちらから

 


<出版記念トークイベント> 2017年7月26日(水) 『年収10倍アップの時間術』 著者・永田美保子による出版記念・トークイベント 東京都千代田区丸の内にて

無事終了いたしました!ありがとうございました。

 

10172015



カテゴリ一覧

リンク集

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページの先頭へ

FXの仕組み