英語力に関する話(続き) 旅行で海外に行くと… 

前回の英語力に関する記事で流暢な話し方よりもやはり中身、
特に論理的であることが重要視される。という話をしました。

 
とはいえ、流暢であることを表現すること(演出すること)が仕事柄
重要視される場面も多々あるのです。

 

それは、企業などの受付、ホテルのフロント、ホテルの予約電話応対、など。
お客様を応接室にご案内する際の秘書業務もこの中に入るかもしれません。
第一印象が大切な職種で、言葉を流暢に話してくれると印象が良いですし、
安心しますよね。

 
旅行で海外、特にアジア内に行く機会が個人的にここ2-3年多かったのですが、
タイ、フィリピン、香港ではホテルのフロントは、とても上手なネイティブの
ような英語でした。

 
人による多少のローカル・アクセントはありましたが、時々あまりの速さに聞
き取れず(笑)、何度か言い直してもらう場面もありました。

 
秘書業務の一部の業務もそうですが、あまり深く追求する様な業務ではなく
マニュアル化されていたり定型業務化されているものは、やはりまずは
形から入るということで第一印象も大切な要素なのだと思われます。

 
余談ですが、時々男女関係なく、外国語を話す人で声の質と言葉の
響きがとても良く調和している(ちょっと聞き惚れちゃう)方がいる
と思ったことありませんか?

 

 

言語によって周波数の範囲や使うのどや口の筋肉も違うらしいので
すが、美しい喋り方のできる人は声の出し方等がうまくいってるの
でしょうね。
メカニズムが気になります。研究してみたいです。

 

 
ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 秘書・アシスタントへ
にほんブログ村

語学のレベルと仕事のレベルには関連があるか 

以前のエントリーで語学と仕事の話をした際に、言葉だけでなく

文化の違いをも考慮する必要がある話しをしました。

 

既に、日本語での業務が問題なく行えている方は、たとえ言語が

英語に変わっても、基本的なビジネスは応用可能であるという点。

 

では、違いって?

 

英語と日本語で話をする際の最も大きな違いの一つに、

 

「英語では結論を先に言うことが多い」という点があります。

 

(絶対ではないものの、ビジネスの場ではほぼそうでしょう)

 

また、英語は日本語に比べて論理的な話の展開になりやすい・しやすい

傾向があると思われます。(主語・目的語を明確にするなど)

 

 

結論先パターン・論理的な構成が実現できたか、という点を中心に、

とある実例についてお話します。

 

 

例1)管理職 Aさん。留学経験はなし。

 

英語の発音はいわゆる ジャパニーズ・イングリッシュ。
語彙は豊富で自分の専門分野に関してはもちろん、説得力

のある話をすることが できる。
また、意見を求められていることに対してはイエス・ノーを言ったうえで
その理由を論理的に述べる事ができる。
話しを聞いている日本人同僚・部下も納得の話の展開。
例2)管理職Bさん。アメリカの大学院に留学経験あり。

 

流暢でアメリカ人のような英語。ネイティブと冗談交じりにペラペラ

しゃべることができるのでそんな時は若手からも羨望のまなざしが。

Bさん、外国人を交えた会議でも積極的に発言します。

ところが、質疑応答などの際には、ポイントがつかめず話が長くなりがち。

結局何の質問だったのか分からないことも。

 

。。。。という2名を比較してみます。

 

まず、

AさんよりBさんの方が見た目かっこいいです(!) ネイティブと
対応に渡り合って発言の機会も多いです。いわゆるペラペラな人です。

スピーキングにあまり自信のない人は、こういうタイプに少し圧倒されたり

します。

ネイティブの発音で話せるし、TOEICの点数もAさんよりBさんのほうが良いのでは

ないでしょうか。

ところが、Bさんの流暢な話も、結局何を言っていたのかわからず、

会議も結論がまとまらないまま終了。

 

 

一方で、ぼそぼそ愛想なく(!)単刀直入に話をするAさんの方が、

たいていグローバル会議でも成果を出してくるし、外国人管理職から

仕事上の相談事をされたりで、やけに人気があります。

 

 

なぜでしょうか。 これはつまり、言語の習熟度がある程度以上であれば、

それに関係なく、話が分かりやすいかどうか、が重要なのではないでしょうか。

 

良く耳にする大原則、「 内容を理解できている人の話は分かりやすい 」

 

にのっとって考えると、Aさんの方が英語のペラペラ度合では

劣るものの、論理的に話を進めており、効率的に仕事が行えて

いるということとなります。

 

そうなんです。必ずしも 見た目の語学力=仕事の能力ではないと

いうこと。

 

そうはいっても、語学がある程度できることが表現できていないと仕事に

ならない。。。という場面もあります。

 

そんな時はどうしましょうか? (次回に続きます)

 

 

 
ランキングに参加しています。よろしければクリックいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 秘書・アシスタントへ
にほんブログ村

外資系でメーカーという立場について考える

 

外資系企業というとなにやら華やかなイメージを持つ方が多いよう
なのですが。。。。たとえば ヒルズにある金融や、オフィスが
しゃれているIT系企業、新しいコンセプトのサービス業など、

メーカー以外 の企業ですね。。。

 

PAK93_toukyoueki20150112184649-thumb-1000xauto-18050

海外に関連して航空会社や大使館などもそんなイメージの良いグループ

に入る でしょうか。

 

 

メーカーは、はっきり言って地味です。

 

日本で工場を持つ多国籍企業のメーカーですと、特に現地の会社と

パートナー 契約を結んでいたりしますので、工場のある地元の人々

は どこの国の企業かなんてあんまり気にしていません。

日本にあるということで日本の パートナー日本企業のイメージを

持ってたりします。

 

 

私は、米国企業で日本の地方の工業地帯に工場を持つ事業所で働いた

こと があるのですが、そこでは日本的カルチャーと外資の合理的
なところを上手く取り入れているように感じました。

 

たとえば大掃除。 年末に日時を決めて交代で掃除をする会社も多いと
思いますが、そこでは徹底的に業者にまかせていました。

総務のおじさん(あえてそう呼ばせて頂きます)曰く、

「ここは外資だからね~」 ということで。

 

一方で、新年会の飲み会が休み明け早々にあったりで。

こちらはとても日本的。たしか、社員旅行もあったような。

 

 

地方に工場などがあると、やはり地元との結びつきが増しますので、
ドメスティックな側面が目立つような気がします。

 

そこが金融、IT、代理店などとの決定的な違いかと思います。
なので、外資でもメーカ―の場合は地元とアメリカとの間をうまく取り

持つ (いわゆるローカライズですが)ことのできる存在がとても大切な

ように思えます。

 

 

メーカーならではのイベントについて、次回にお伝えします。

 

プロフィール

DSC_7359_original (200x300)



秘書育成コンサルタント・パーソナル秘書協会 代表 永田 美保子(Mihoko Nagata) 

  

ごあいさつ

不定期メールレターご登録

毎朝届くメールレターご登録

お問い合わせ

New !無料プレゼント・特別編集 外国人社長が好む”気分があがる” 接待用レストラン3軒 2017

メデイア等の情報

初の著書 「年収10倍アップの時間術」2017年2月20日発売! 

(出版社 クロスメディア・パブリッシング) 

Amazonのリンクはこちら 


マイナビエグゼクティブ・エージェント掲載中

2016年3月~月1ペース 署名入りコラム記事

こちらからどうぞ 


Wow!Me(ワオミー)アンバサダーの一人として就任、活動開始

2016年11月15日~「個人の得意が、誰かの役に立つ世の中を作る。」

というCtoC の新しいコンセプトに共感した各界のトップランナー達がアンバサダーとして選ばれています。

詳しくはこちらから

 


<出版記念トークイベント> 2017年7月26日(水) 『年収10倍アップの時間術』 著者・永田美保子による出版記念・トークイベント 東京都千代田区丸の内にて

無事終了いたしました!ありがとうございました。

 

10172015



カテゴリ一覧

リンク集

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページの先頭へ

FXの仕組み