Spot conversation (ちょっとしたお話)で相手を魅了するには

 

 

man-talking-about-architecture-ideas-picjumbo-com (1024x683)

 

 

こんにちは。

永田美保子です。

 

経営者として勝ち残ってゆくためには自分のブランディングが大切、

などと良く言われますが、すでに組織のカラーが出来上がっている会社の

トップも例外ではなく、もちろんセルフ・ブランディング命です。

 

制限のある中でいかに自分の役割を演じるか、それを「見せるか」

が評価の対象になってきます。

 

特に外資は「自分が自分が!」とアピールしてちょうど良いくらい。

わかりやすいとも言えますね。

 

そんな中、ほんの1~2分で相手の心をつかみ、強烈にアピールして

相手をファンにさせる、そんな達人に何度も出会う機会がありました。

 

 

それは何かというと、たとえば次のような場合です。

 

上司への来客としてお越しいただいたお客様で、応接室にお通し

する際に少し言葉を交わしたり、上司が来るまでお待たせしている間、

世間話をしたりします。
初対面でない方で、役職が変わられたり、会社組織

が変わった際はその旨を話題にしてお祝いを述べることも。

 

余談ですが、

私の勤めていた会社はそこそこの規模(日本の従業員は全部で約1000人)

でしたが、事務部門の人手が足りなくて、応接室へのご案内等は

受付担当がいるような大企業と違い、担当秘書が来客に対応する仕組み。

もうプライベート感でいっぱいです。それが好評だったりもしたのですが

秘書は大忙し。

 

話を戻します。

その来客と秘書とが言葉を交わす1-2分に何が起こると思いますか?

 

お目にかかったのは素敵な方ばかりでしたが、その中でも本当に魅力的な方は、

お話した際の対応だけでも違いが明らかにわかるので、

まず秘書がその方のファンになるのですね。

 

そういう方は、なにか特別なことをするわけではなく、物腰が優雅でただただ

印象が良いのです。 


場数を踏んでいる秘書でもうまく説明できませんが、

「お会いするとわかる違い」があります。 

 

なので、その後の対応がなんとな~く良くなります。

こちらもプロなのであからさまに差をつけるわけではないけれど

好感を持っている方にはどうしても気持ちの上で対応が良くなりますよね?

 

それが巡り巡ってビジネスに好影響をもたらさないとも限りません。

 

一方。。。もちろん良くないパターンもあります。

船井総研の舩井幸雄さんの著書に書いてあった話を読んだことがありますが

とある相手と業務契約を結ぼうかどうかという時、秘書が反対したエピソード

がありました。

秘書曰く、その相手の方は、船井社長に対しては平身低頭、丁寧な態度だけれど、

秘書と2人きりの時の態度が横柄でひどいということで、人間性に問題ありとのこと。

契約を見直した方が良いとの進言を聞き入れて、結果契約しなくて正解だった

(のちにその相手はビジネス上大きな問題を起こした)という話があります。

 

ここまで極端な例はないにしても、「ちょっと違うかな?」 ということは

私の経験でも、ごくまれにあります。幸い実害はないですが、あまりに目に

余る時はきっと私も船井さんの秘書同様、上司に進言したと思います。

 

話は飛びますが、知人で日系の航空会社のキャビンアテンダントを

長くしていた方から(80~90年代のまだ古き良き時代の事ですが)

サービスの一環として「スポット・カンバセーション」文字通り

CAがサービスの合間に乗客のかたと少しお話をする、というものが

勧められていたとお聞きしたことがあります。

 

どうやら、エコノミー、ビジネス関係なく行われていたようです。

(今も同様に行われているかわかりませんが)

ギャレー担当者もできるだけキャビンに出てお客様と会話するよう

にと指導されていたとお聞きしました。

 

これはおもてなしの一環として有効なのはもちろんですが(当時はまだ

まだ航空機に乗ることが現在ほど一般的ではなかったですし)

初対面の乗客といきなり仕事の話などをするためには、やはり幅広い話題

に対応できるようにしておく必要がありますから、乗務員のモチベーション

を上げるために良い事だったのではと拝察いたします。

 

また一方で、スポット・カンバセーションにはセキュリティ上の役割

(声をかけることによって不審人物がいるかどうかをあらかじめ察知する)

もあったのではないかな~

と、接客の第一線を経験すると感じたりもします。

 

 

 

 

★★メールレターのご案内★★

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

 

 

 

<Mihokoのお勧め - 英会話教室>
外国人エグゼクティブ担当だった時、精神的に落ち着いて業務にあたるための自己投資として4年間ほど通っていたところです。初心者向けをうたっていますが、上級者ももちろんOK、講師のレベルが高く、マンツーマンというのが、機密事項も扱う秘書向きです(グループレッスンだとどうしてもその日あったことや話題によっては話しづらいことも)

体験レッスンもやっているのでよかったら問い合わせてみてください。

↓ 



外資系エグゼクティブの意外なお金の使い方(家族編)

f0a94cc49402d3fa36ae83164d9146fc_s

 

こんにちは、永田美保子です。

 

前々から気になっていた「お金」の話、

やっと重い腰を上げて書いてみます。

 

外資系(多国籍企業)勤務の外国人駐在員のケース。

業種はメーカーの場合です。

 

 

彼らがどういったお金の使い方をするのか、

意外に参考になることもあるかと思うので

書いてみますね。

 

まず、最初に日常生活にまつわる費用。

 

多国籍企業で「投資・経営」のVISAカテゴリーで

日本に入国・滞在する場合。

 

ご想像の通り、さまざまな経費が掛かります。

駐在員一人(と家族)につき、様々な種類の手配がされます。

 

会社負担・個人負担の別は大まかに下記のようになります。

(会社やその契約内容によっても違います)

 

・住宅(外人向け賃貸)- 会社負担(条件詳細は契約による)

 

・光熱費 - 個人負担

 

・インターネット 業務で使うものは会社負担

 

・CATV 個人負担

 

・母国への渡航費用(ホームリーブ)- 会社負担(条件詳細は契約による)

 

・食費・生活費など - 通常は個人、家でパーティなどイベント等があった場合は

必要経費だけ会社負担(条件詳細は契約による)

 

・自家用車・お子さんの学費 ケースバイケース(条件詳細は契約による)

 

・メイド/ベビーシッター 個人負担

 

メイドさん費用は、かつて会社もちだった古き良き時代もあったようですが

今はほとんどの場合自己負担かと思います。

 

それぞれの家庭の事情にもよりますが、子供さんが小さい家庭などは、

メイドさん兼ベビーシッターを頼むケースが多いようです。

 

所定の手続きを踏めば、自分でスポンサーするという条件で

雇うことができます。

 

私の知る限り、良いメイドさんを見つけるのは大変そうですが

いったん雇ったら(通いのメイドです) とても手厚くして、家族同様に

接しているようです。費用はもちろんすべて自己負担。

 

こういうところに大きなお金を使うのというのは、なかなか自分の生活とは

かけ離れていますが、子供さんが2-3人以上と多かったり、まだ小さな赤ちゃん

だったりと、奥様の負担が大きいときはさすがに何か必要だと思うのでしょう。

 

私の担当が役員としては比較的若い(40代前半)欧米人男性上司だった時の話です。

 

上司自身も出張で長期間不在になるため、異国で育児をしている奥様の

ためにできるだけのことをしているのが良く伝わってきました。

 

そして。。。 そう、カンの良い方はすでにお判りでしょうが、

 

こういう時は、秘書の仕事として「メイドさんの管理」も加わってきます~

 

秘書は何をするかというと、出張や旅行の前後の予定をすり合わせたり、

必要な品物の受け渡し、メイドさんが家のキーを忘れてしまった際などに

アパートの管理会社に電話して話を付けたり。

(日本語が得意でない外国人のメイドさんも多いので、間に入って話を付ける)

 

結構、いろいろありました。

 

 

さて、他には、上司はどんなことにお金を使っているのでしょうか?

 

次回に続きます。

 

 

★★メールレターのご案内★★

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

 

 

 

<Mihokoのお勧め - 英会話教室>
外国人エグゼクティブ担当だった時、精神的に落ち着いて業務にあたるための自己投資として4年間ほど通っていたところです。初心者向けをうたっていますが、上級者ももちろんOK、講師のレベルが高く、マンツーマンというのが、機密事項も扱う秘書向きです(グループレッスンだとどうしてもその日あったことや話題によっては話しづらいことも)

体験レッスンもやっているのでよかったら問い合わせてみてください。

↓ 



秘書が上司をカスタマイズ ?

042 (1024x683)

 

 

こんにちは

永田美保子です。

 

この記事は、秘書以外にも外資系

ビジネスパーソンにとっても役立つ

「上司操縦法」(!)として参考に

していただけると幸いです。

 

先日 ある方に、

 

「秘書として

職場環境的に一緒に働きやすい上司、

そうでない上司はありますか?」

 

と言葉巧みに質問されたのですが

 

基本的には、ないです。

仕事ですので、担当したら上司に

合わせるのはこちらですから。。。

 

といったんは模範解答をしてみました。

が、

こればかりやっていると後で自分が困るので

 

やっぱり 本当の事も現場の情報の一部として

お伝えしておきました。

 

「働きやすい上司」というと、かつての

秘書が多数いた職場では

 

海外本社でも評判の良い温厚な人物 

 

を主に指したかと思います。

先輩たちは皆そういうエグゼクティブ

と仕事をしたがりました。

 

何か小さい事にもその都度

「ありがとう!」と言ってくれたり

無理難題を言わない物分かりの良い、

(自分にとって)良い人な上司。

たしかにそういう方だと精神的にも

楽で、やりやすいでしょう。

 

 

私は幸いにも、担当したのが上記とは違って

仕事が出来るけれどちょっぽり破天荒な

外国人上司ばかり(なぜか?)。

 

温厚な方々に対するのとはアプローチが

全く違いました。

 

とはいえこういう型破りなエグゼクティブ

は会社にとっては、一気に業績が上がったりする

ため、現場は混乱しても、良い人材であることに

変わりないのです。

 

秘書にとっては結構大変。。。

 

そのうちに私もだんだん賢くなって、

猛獣使いが訓練するがごとく、

そんな破天荒な上司とうまく

やってゆく術を身につけました。

 

 

さて、タイトルの 「上司をカスタマイズ」

という表現に関してですが、

 

多国籍企業の秘書の方は感覚としてわかるか

と思うのですが、見えないところで秘書が

業務の進め方の主導権を握っていることが、

実は非常に多いのです。

※その点が、一度多国籍企業・外資系で秘書として

働いてしまうと日系企業にはなじめなくなる最大の要因

 

そこで、根気よくこちらのペースを崩さずに、

かつ上司のためだけに日々の業務を行いつづけると、

上司はあなたの言うこと ”だけ” はしっかり聞いて

くれるようになります。(仕事として)

 

ここでどれだけ自分を信じて、

自分のやっていることを上司に対して貫けるか、

が結構キーポイントになります。

 

 

そこまでのプロセスですが。。。毎日毎日の

ことですし、非常に根気がいるうえに、めちゃ

くちゃプレッシャーに耐えることが要求されます。

 

その過程で、嫌になって投げ出してしまうことも

あり得ます。

 

今すぐにミラクルが起こるような方法ではないですが、

ただ、忍耐を愛を持って一つ一つの業務をあきらめずに

行ってゆくことが、ぶっ飛んだ(あ、言っちゃった)

上司との信頼関係の「カスタマイズ」法です。

まさに猛獣使い(笑)

 

この、忍耐が必要なプロセスを誰かが一度行っておくと、

今度は仮に私が辞めることになっても、引継ぎの時

にその上司の「取説」が作成できるようなサービス

レベルになっています。

 

それによって、上司本人、秘書チーム、そして会社

とみんなに貢献できることになってみんながハッピー

です。

 

 

 

★★メールレターのご案内★★

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

 

 
<Mihokoのお勧め - 英会話教室>
外国人エグゼクティブ担当だった時、精神的に落ち着いて業務にあたるための自己投資として4年間ほど通っていたところです。初心者向けをうたっていますが、上級者ももちろんOK、講師のレベルが高く、マンツーマンというのが、機密事項も扱う秘書向きです(グループレッスンだとどうしてもその日あったことや話題によっては話しづらいことも)

体験レッスンもやっているのでよかったら問い合わせてみてください。

↓ 



 

プロフィール

DSC_7359_original (200x300)



秘書育成コンサルタント・パーソナル秘書協会 代表 永田 美保子(Mihoko Nagata) 

  

ごあいさつ

不定期メールレターご登録

毎朝届くメールレターご登録

お問い合わせ

New !無料プレゼント・特別編集 外国人社長が好む”気分があがる” 接待用レストラン3軒 2017

メデイア等の情報

初の著書 「年収10倍アップの時間術」2017年2月20日発売! 

(出版社 クロスメディア・パブリッシング) 

Amazonのリンクはこちら 


マイナビエグゼクティブ・エージェント掲載中

2016年3月~月1ペース 署名入りコラム記事

こちらからどうぞ 


Wow!Me(ワオミー)アンバサダーの一人として就任、活動開始

2016年11月15日~「個人の得意が、誰かの役に立つ世の中を作る。」

というCtoC の新しいコンセプトに共感した各界のトップランナー達がアンバサダーとして選ばれています。

詳しくはこちらから

 


<出版記念トークイベント> 2017年7月26日(水) 『年収10倍アップの時間術』 著者・永田美保子による出版記念・トークイベント 東京都千代田区丸の内にて

無事終了いたしました!ありがとうございました。

 

10172015



カテゴリ一覧

リンク集

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページの先頭へ

FXの仕組み