一汁一菜でよいという提案 ~ 何を食べるかよりもどう食べるか

 

永田美保子です。

 

トラベルライターの知り合いの方に

お勧めされていた本を読みました。

 

日本料理の研究家で有名な

土井義晴さんの著書です。

 
一汁一菜でよいという提案
(グラフィック社)


 

 

私的なお料理の写真も載っていて

見ても楽しめる本です。

 

この本では、

タイトルを見ると間違えがちなのですが

料理を手抜きしなさいとか

手順通りにとか

美味しい料理をとか

専門家の教訓めいたことは一切書かれていなくて

 

(レシピはちょっぴりだけ載っていて

助かりますが()

 

土井先生の人生哲学のような本

 

何を食べるかではなくて、

どう食べるか。

最終的にはどう生きるか

 

とっても心の底から共感できることを

書いていらっしゃいます。

 

丁寧に行う事が大事。

家庭料理はおいしくなくてもいい

(役割の話)など

 

自分の軸を作り自分を大切にする事。

それが基本の「一汁一菜のご提案」

であるという事がわかります。

 

 

この本の内容が

プロフェショナルな秘書・アシスタント

の方の仕事の進め方、考え方とも

重なることがあるかと思いました。

 

丁寧な仕事をしたい方、

プロフェッショナルで居続けたい方には

特におすすめします。

 

 

***お知らせ***

 

新刊著書のご案内

「年収10倍アップの時間術」

(クロスメディア・パブリッシング)

 

 

★メールレターのご案内★

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

深く掘り下げたパーソナルな内容はメールレター

でのみお送りしています。

(ブログにかけないこと、書籍にもかけないことなど。。。)

週1-2回を目安に不定期発行しています。

 

<ご提供中サービスのご案内>

 

秘書向けセミナー・イベントの最新情報

 

永田美保子の講座・コンサルティング等最新情報一覧はこちら

 

 

*一番人気は2時間の、コンサルティングセッションです。

何でもご質問ください!秘書以外の方も歓迎です

マンツーマン個人コンサルティング 

 

 

※ 特別無料プレゼント 

 

購読者プレゼント:外国人社長 が好む 気分があがるレストラン 2016 (東京編)

外国人社長 が好む ”気分があがる” レストラン3軒を特別にまとめました。

 

間もなく2017年版ができますが

 

2016年版も永久保存版としてこの機会に!

こちらのフォームにご記入いただくと折り返しのメールでpdfを差しあげます。

 

 

 

指示するときは「基準」をはっきりと!(後編)

 

前回の続きです。

 

 

リーダー的立場の方が仕事の指示をするときに

 

最も大切なことが

 

具体的な指示です。

 

適当に言えば秘書の人たちに分かってもらえる

 

だろう、という期待をせず、

 

(※1 ハイ・コンテクスト文化にならず)

 

この場で、誰にでもわかる平易な言葉で具体的な

 

指示をすること。

(ムリに専門用語なども頻発しないこと)

 

それをしないで、理解不足のまま仕事をさせ、

 

失敗した時だけ怒るようなことが続くと

 

何が起きるかというと

 

部下(後輩)たちは怒られないように

上司の顔色を見て仕事をする。。。

 

非常に風通しが悪く、効率の悪い

仕事場になります。

 

理由がわからないと、

 

何が悪くて怒られたのかわからない

 

わけですね!

 

 

自分は良かれと思って行ったのに?どうして?

感情的におこられたのには何か理由があるのか?

 

なんて不安と不満が心の中で渦巻くわけです。

(これ、なんともおもわないひとはそれはそれで

感受性に問題あり。。。)

 

その上で、

 

言い訳をするな、などと言われると

 

検証をして次回に備えることすらできません。

 

精神論・根性比べみたいになってきます。

 

 

そうやってスタッフが委縮してゆき

いつ怒られるかと

おどおど、びくびくしだすと。。。

何が起きるか?

 

 

お客様のことを第一に考えるのではなくて

上司・先輩のご機嫌を先に気にする。。。。

その結果、優先順位が定まらない。

 

という悪循環。あらら。

 

そうではなくて、

 

一人一人が力を発揮できる

効率のよい仕事場にするためには?

 

やっぱり、わかりやすい指示で

基準をしっかり覚え込ませて

あげることに尽きます。

 

 

例えば、

外資系企業のエグゼクティブたちは

誰に対しても、ものすごくコミュニケーションが

上手で、誤解のないようなわかりやすい指示を出すので

本当に驚きます。

 

偉い人は難しいことを言うのではないのです。

 

偉い人ほど、話がシンプルで分かりやすいという

傾向があります。

 

(でないと偉くなれない。。。。)

 

イギリス出身の元上司に仕事の指示を

されたとき、

 

ああ~~ 英語ってこんなにわかりやすく、

情報をもれなく伝えられるんだ!

 

と感動したことがなんどもありました。

 

(経営用語でいう※2 MECE ・ミーシーですね)

 

シンプルに伝えるのが一番です。

 

今度シンプルな具体的事例についても書いてみますね。

 

 

※1 ハイコンテクスト文化
ハイコンテクスト文化とはコンテクスト

(コミュニケーションの基盤である

言語・共通の知識・体験・価値観など)

の共有性が高い文化のことです。

伝える努力やスキルがなくても、お互いに相手の

意図を察しあうことで、なんとなく通じてしまう環境のことです。

聞き手の能力を期待するあまり説明を省略するなどの傾向があります。

 

※2 MECE(ミーシー)

Mutually( 相互に)

Exclusive(重複せず)

and Collectively(全体として)

Exhaustive(漏れがない)

のという意味の言葉。

 

「もれなくダブりなく」ともいいます。

 

 

***お知らせ***

 

新刊著書のご案内

「年収10倍アップの時間術」

(クロスメディア・パブリッシング)

 

 

★メールレターのご案内★

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

深く掘り下げたパーソナルな内容はメールレター

でのみお送りしています。

(ブログにかけないこと、書籍にもかけないことなど。。。)

週1-2回を目安に不定期発行しています。

 

<ご提供中サービスのご案内>

 

秘書向けセミナー・イベントの最新情報

 

永田美保子の講座・コンサルティング等最新情報一覧はこちら

 

 

*一番人気は2時間の、コンサルティングセッションです。

何でもご質問ください!秘書以外の方も歓迎です。

マンツーマン個人コンサルティング 

 

 

※ 特別無料プレゼント 

 

購読者プレゼント:外国人社長 が好む 気分があがるレストラン 2016 (東京編)

外国人社長 が好む ”気分があがる” レストラン3軒を特別にまとめました。

 

間もなく2017年版ができますが

 

2016年版も永久保存版としてこの機会に!

こちらのフォームにご記入いただくと折り返しのメールでpdfを差しあげます。

 

にほんブログ村のランキングに参加しています。

 

 

 

 

指示するときは「基準」をはっきりと(前編)

こんにちは

永田美保子です。

 

 

今回は、仕事の進め方の話です。

 

自分でも(指示する側・される側)

散々経験した、一寸ほろ苦い

エピソードを思い出しながら

お話してます。

 

 

秘書・アシスタントの方に限らず

企業などで部下や後輩と一緒に仕事をするとき

 

指示したり指導したりしますよね。

 

その時、どんな言葉を使っていますか?

伝え方によって相手に与える

不安感プレッシャーが変わり、

しいてはパフォーマンスに影響が出ますよね。

 

(むしろそういった心理状態を利用して

相手を洗脳することも出来てしまうわけですが)

 

相手に気持ち良く仕事を覚えてもらって

成長してもらうためには

 

・何故この業務を行うのか

・どのように行うのか

・どの程度まですればOKと判断するのか

 

という背景や基準・スタンダードを

「具体的に」伝えることが

とっても大事です。

 

仕事ですからね!

 

そんなこと言ったって

社会人としての常識

にのっとればわかるじゃない

 

とか

 

普通はこうするよね?

 

あるいは、

 

秘書を数年もやってれば分かるよね?

 

など

 

ご意見があるであろうことは重々承知です。

 

しかしその普通の基準はなんでしょうか?

 

わたくし自身、多国籍企業や

日系企業何社かで様々なバックグラウンドの

日本人、外国人に交じって働くうちに、

 

一つの事柄でも人によって受け止めかたが

180度ちがうことや、言わなければわからない、

言ってもわからないことが本当に

たくさんあることが身に染みました。

 

たとえば、オーストラリア出身のディレクター

との打ち合わせで

 

今、6月だからこのプロジェクトは秋(オータム)

に、9-10月には終わらせましょう。

 

と言ったとたん、何が起きたのかよくわからないけど

彼は大混乱。 顔が???でいっぱいになり、叫びました。

 

「ああ、ぼくは君の言っている内容が理解できないけど

どうしてこの件にそんなに時間をかける必要があるの?」

 

そう、南半球では季節が北半球とは逆。

日本の秋は彼らの春。9月=スプリング なんです!!

オータムと言ったら翌年の3月になっちゃう???

 

言っていることが正確に伝わっていませんでした。

というかすごい誤解!

 

一事が万事こんな感じです。

 

 

 

長くなってしまったので

続きは次回に。

 

 

 

***お知らせ***

 

新刊著書のご案内

「年収10倍アップの時間術」

(クロスメディア・パブリッシング)

 

★メールレターのご案内★

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

深く掘り下げたパーソナルな内容はメールレター

でのみお送りしています。

(ブログにかけないこと、書籍にもかけないことなど。。。)

週1-2回を目安に不定期発行しています。

 

<ご提供中サービスのご案内>

 

秘書向けセミナー・イベントの最新情報

 

永田美保子の講座・コンサルティング等最新情報一覧はこちら

 

 

*一番人気は2時間の、コンサルティングセッションです。

何でもご質問ください!秘書以外の方も歓迎です。

マンツーマン個人コンサルティング 

 

 

※ 特別無料プレゼント 

 

購読者プレゼント:外国人社長 が好む 気分があがるレストラン 2016 (東京編)

外国人社長 が好む ”気分があがる” レストラン3軒を特別にまとめました。

 

間もなく2017年版ができますが

 

2016年版も永久保存版としてこの機会に!

こちらのフォームにご記入いただくと折り返しのメールでpdfを差しあげます。

 

にほんブログ村のランキングに参加しています。

 

 

 

 

 

プロフィール

DSC_7359_original (200x300)



秘書育成コンサルタント・パーソナル秘書協会 代表 永田 美保子(Mihoko Nagata) 

  

ごあいさつ

メールレターご登録

お問い合わせ

New !無料プレゼント・特別編集 外国人社長が好む”気分があがる” 接待用レストラン3軒 2017

メデイア等の情報

初の著書 「年収10倍アップの時間術」2017年2月20日発売! 

(出版社 クロスメディア・パブリッシング) 

Amazonのリンクはこちら 

7/26(水)出版記念トークイベント無料ご招待詳細はこちらから!


マイナビエグゼクティブ・エージェント掲載中

2016年3月~月1ペース 署名入りコラム記事

こちらからどうぞ 


Wow!Me(ワオミー)アンバサダーの一人として就任、活動開始

2016年11月15日~「個人の得意が、誰かの役に立つ世の中を作る。」

というCtoC の新しいコンセプトに共感した各界のトップランナー達がアンバサダーとして選ばれています。

詳しくはこちらから

 


<座談会> 2015年10月17日(土) 「世界最新事情を語る!エストニア・E-residencyイベント」  取得者(e-resident)第1号として取得者2名とともに座談会に登壇  東京都港区01Boosterにて

 

10172015



カテゴリ一覧

リンク集

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページの先頭へ

FXの仕組み