秘書業務はトップシークレット? 

a5234ec3e74332c242e02b3a36ecfe19_m

 

こんにちは、永田美保子です。

 

 

いきなり何の話? と思われるでしょうが

 

企業を代表する外国人役員担当秘書

というと、

 

連想するのが

 

「トップシークレット」 

 

だと 何人かの方に言っていただいた

ことがあります。

 

そうなんだ~(汗)と当事者にとっては

意外と新鮮な驚き。

 

確かに、何かと自分の心にしまっておく

ような事柄は多いかもしれません。

 

見なかったこと、聞かなかったことにしよう

ということもたま~に。

 

(そこまで深刻なことではないですよ…

外に出さないということだけ)

 

 

 

このブログも、好きなことを書いている

ように見えるかもしれませんが、

メッセージを伝えるための例として

フィクション仕立てにしたりにして

いるものの、もちろん、そのまま事実

を書いたりはしていません。

 

同じことは、守秘義務のあるあらゆる職業やサービス業

全般にも言えるのではないでしょうか。 

 

 

「シークレット」という言葉の響きは

特別な事、特命事項っぽくて新鮮な感覚。

 

で、実際本当にそうなのか(トップ・

シークレットを 扱っているのか)

という問いへの答えは、うーん、何とも

いえません(笑)。

 

シークレットかどうかでさえもシークレットかも。

 

fbefeb3ee8f47f8f3f061b8c66ab229b_s

 

私の考えですが、仮に「ここまで」は話しても

OK、などとしてしまうと、基準がどんどんゆるんで

ゆく可能性がありますよね。

だから一切言わない。

 

永遠の秘密はない(いつかは明るみに

なる)という人もいるけど、

 

いえいえ、永遠の秘密はあります。

本当です。

 

秘書業務で最も大切なことは、なんといっても

秘密を守ること。

つまり、仕事への誇りを持ち、自分を

信頼してくれている相手への敬意を

忘れないこと。

 

それにつきます。

 

 

それを理解してくださる限られた方々

だけに、シークレットな仕事の進め方

についてお伝えする機会などをいずれ

作りたいな、と思っています。
本当にクローズドなごく少数の方だけを

集めた会合など。。。

 

 

決まったらメールレターでお知らせしますね。

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

 

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

★★メールレターのご案内★★

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

 

 

 

 

 

Tap is not my strongest point ! (タップは苦手なのよ)

38_large (200x300)

 

こんにちは

永田美保子です。

 

仕事で英語を使う機会はありますが、

ツールと割り切っていたのであまり

深く考えず使いがちでした。

 

でも、その英語での、英語ならではの

表現が、とっても面白いと思うことが

多々ありまして。。。

 

今回は、「同じ事象でも」 使う言語によって

表現の仕方がこんなに違うんだ! という

ことについてお話します。

 

 

英語を使う仕事をしているといっても

オフィスでスケジュールのやり取り中心の

メールばかりだと、同じような事の繰り返しで

意外と語彙などは増えないものです。

 

ニュースを聴いたり本を読んだり、自分で

勉強しないと、仕事のキャリアは積んでも

英語力が落ちている恐れがありますね。

 

最近英文を読んでもいまいち頭に入ってこない

まずい、と思ったりして。何から手を付けようかと

思っています。

このままでは、現状維持どころの話ではないですね。

心を入れ替えて勉強しようと思っています。

 

さて、外国の映画を見る際はせっかくの機会なので

俳優本人の声も聴きたいし、吹き替えではなく

字幕のものを選ばれる方も多いと思います。

 

私も、セリフの言葉がどれくらい

聞き取れるかどうかもチェックしながら観るよう

にしています。(やはり、なかなか難しい

箇所も多いですね)

一本見終わると結構ぐったり。

 

ところが、今まで見た外国映画の中で、

ものすごく印象に残ったため、セリフも一発で

覚えてしまった映画のワンシーンがあります。

 

80年代の話題作「コーラスライン」。

(原題 A Chorus Line 1985年 アメリカ)

 

ご存じブロードウェイでのオーディション

のかなり厳しい様子を描いた作品です。

 

メインキャストにはなれないけれど「コーラス」

の8名に選ばれるため、厳しい選抜のシーン。

 

物語中盤、ダンスのオーディションのシーンで

(これがぶっ通しでなんでも踊らされる)

途中から音楽が変わり、急に種目がタップダンスに

切り替わった際、

 

アジア系黒髪の女性メンバーが必死になって

踊りながら監督に一言。

 

Tap is not my strongest point !

 

大語で叫びました。

 

直訳すれば、

タップは私の最も強みのある種目ではない、という

ことでしょうか。

 

一方、日本語字幕では、「タップは苦手なのよ」 

となっていました。

 

英語では、strongest point ではない、とだけ。

つまり、一番得意ではないというだけ。

 

日本語のように苦手、と言う表現ではないん

ですね。表現の違いが面白いと思いました。

同じ状態でも日本語式に表現すると、苦手

と言う表現に落ち着くところが。

 

そうやって日々いろいろな表現を見ると、

日本語に比べて英語の方が強気というか

絶対自分を低く見積もらない前向きな表現が

目立つような。。。

 

英語と日本語を両方切り替えて仕事をする人は

言語と同時にそこのところがうまく出来ているの

でしょう。 私も時とともにだいぶできるよう

にはなってきました。

 

日本語で謙遜した言い方をした直後に英語で、

「私にしかこれはできませんなぜなら~」

と一席ぶつのは結構ハード(笑)

 

あ、ひょっとして日本語でも自信満々にして

おけばよいのでしょうか?

 

 

英語と日本語の表現の違い、考え出すと面白い

のでまた近いうちに他の例についても書いて

みますね!

 

 

★★メールレターのご案内★★

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

 

 

 

なぜ、いまパーソナル秘書が必要なのか

10842164056_54e4df556f_m

 

こんにちは、永田美保子です。

 

企業役員秘書を経て、パーソナル秘書(アシスタント)

として、フリーランスで活動を始めたところ、

いくつかの今、対応が必要なのでは?

と思われる事柄に気づきました。

 

ここでシェアさせていただけたらと思います。

 

<パーソナル秘書・在宅秘書は足りてる?>

 

フリーランスとして活動し始めて間もなく、私あてに、主に個人で活動

している経営者の方々からパーソナル秘書の仕事のご依頼を頂きました。

 

しかしながら、私一人だけではご要望に対応できず、残念ながら

いくつかのご依頼はお断りすることになりました。

 

この経験を通じて、パーソナル秘書・在宅秘書の需要が増加している

らしいこと、しかし適切な秘書の育成が追い付いていないことや、

現場での人材のミスマッチ等が起こっていることを知りました。

 

これから育児・介護等の影響でオフィス以外での時間・場所

がフレキシブルな働き方を希望する優秀な人材が増え、

必要に応じてパーソナル秘書、在宅秘書としてのスタートを

切る方も増えることが予想されます。

 

そのような方々が、不安の無いように正しい知識を得て、

実力を発揮するために、準備をすることが必要ではないか

と考えています。

 

そのため、私が長年かけて現場で学んできたスキル、

マインドをすべて余すことなくお伝えしようと

パーソナル秘書育成講座(仮称)を開催することとしました。

 

養成講座については、オンラインおよび対面(Skype)の両方

を考えていますが、準備ができ次第、情報をこちらの

ウェブサイトでも発信してゆきますので、よろしくお願い

致します。

 

 

私自身の企業での勤務経験は、2014年10月に退職するまで、

外資系企業(米系メーカー、日米合弁メーカー、日独合弁メーカー)

中心に通算20年間、役員秘書(エグゼクティブ・セクレタリー)

として幅広く仕事をしてきました。

 

秘書時代の上司達は多国籍で、日本人以外ではアメリカ人、イギリス人、

カナダ人、ドイツ人など。

最近はエグゼクティブ秘書でも、人員の関係で外国人上司と

一対一の専任秘書という形はとらず、一番優先順位の高い

上司と、そのラインにいる部下や全く違う業務のエグゼクティブ、

そして日本人ダイレクターも合わせて数名を同時にサポート

するチーム体制で行うことが多いようです。

私自身もそうでしたので、優先順位のつけ方については

本当に鍛えられました。

 

 

<外国人トップ・企業の代表者をサポートするとはどういうことか>

 

外資系企業の多くでは、本社から派遣されてきたVP以上の

エグゼクティブが駐在員として赴任することが多いようです。

外国人トップの上司たちの日本での役割は、一言でいうと

本社と日本のパイプ役です。

 

実際に赴任してからの業務が始まると、グローバルの仕事と

日本の代表としての仕事とで分刻みのスケジュールでの業務。

 

さらにその合間を縫って本来の担当業務に関連した海外出張も

多く、多忙な日々。

そんな仕事をサポートする秘書業務は、それこそ時間と

プレッシャーとの戦いでしたが、戦友のように難関を乗り切る

充実感があったように思います。

 

秘書という職種は、良い点、大変な点といろいろありますが、

良い点としては、直に(ほかの人のフィルターを通さずに)

会社の経営陣に接することができた点、コーポレート・

カルチャーの源に触れることができた点ではないかと思います。

 

また、どんなにポジションの高い方も、秘書には本音を言ったり

自分をさらけ出したりされますから、人間らしい面にも接する

ことが出来、上司・秘書という枠を超えて人間同士の付き合い(!)

のような面も多々あります。

本当に学ぶところが多い仕事だと思っています。

 

そしてそれを伝えてゆくことが出来たら幸いです。

 

 

ご意見・ご感想、エントリーのリクエストなどもお待ちしています。

下記 メールレター申し込みフォームのメッセージ欄に記入いただいても

届きます。

 

★★メールレターのご案内★★

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

プロフィール

DSC_7359_original (200x300)



秘書育成コンサルタント・パーソナル秘書協会 代表 永田 美保子(Mihoko Nagata) 

  

ごあいさつ

不定期メールレターご登録

毎朝届くメールレターご登録

お問い合わせ

New !無料プレゼント・特別編集 外国人社長が好む”気分があがる” 接待用レストラン3軒 2017

メデイア等の情報

初の著書 「年収10倍アップの時間術」2017年2月20日発売! 

(出版社 クロスメディア・パブリッシング) 

Amazonのリンクはこちら 


マイナビエグゼクティブ・エージェント掲載中

2016年3月~月1ペース 署名入りコラム記事

こちらからどうぞ 


Wow!Me(ワオミー)アンバサダーの一人として就任、活動開始

2016年11月15日~「個人の得意が、誰かの役に立つ世の中を作る。」

というCtoC の新しいコンセプトに共感した各界のトップランナー達がアンバサダーとして選ばれています。

詳しくはこちらから

 


<出版記念トークイベント> 2017年7月26日(水) 『年収10倍アップの時間術』 著者・永田美保子による出版記念・トークイベント 東京都千代田区丸の内にて

無事終了いたしました!ありがとうございました。

 

10172015



カテゴリ一覧

リンク集

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページの先頭へ

FXの仕組み