マイノリティであること組織のトップであること

amame_yukinomatu_TP_V

 

こんにちは。

 

昨年から興味があってフォローしている

英国の17歳シンガー(もう18かも?)

Louisa Johnson。(X Factor UK の2015 Winner)

 

じつは彼女のメンター役・Rita Ora(リタ・オラ)

が素晴らしい。

リタの歌もLouisaより地に足がついた感じで心に届く。

 

なんでこの人のやることなすこと、こんなに心に

響くのだろうと思って調べたら何かちょっと意外な

バックグラウンドがあって。 ユーゴスラビア(現コソボ)

からの移民だったのです。

(英国は生まれながらの英国人より特にロンドン

などの都市部は外国生まれのいわゆる移民の人口が多いですね)

 

コソボだからどうとかいう政治的な話は置いておいて、

 

コミュニティにおいての “マイノリティ” (少数派)

であることは自分を冷静に客観視するのに大いに役立

つと思います。

苦労してるかどうかといえば苦労している部類に入る

のだろうけど、それを乗り越える爆発的な強さも持ってる。

 

そして自分に出来ることをとことん突き詰めるのにも

“マイノリティ” である環境は向いているのかも。

 

リタの態度はいつもなんだか肝が据わった母さんみたい

だけどすべてを受け入れる強さがあふれてる。

 

私が思うに、マイノリティを排除する社会はあらゆる

可能性を排除する社会。

(ここでいうマイノリティとは単純に多数、一般、

ではない事を言います。深い意味はないです。)

 

例えばマイノリティとは。。。思いつく限り書いてみると

 

・自分で変えることが難しい部分では

 

大企業内での女性

合併した企業同士なら人数の少ない方

日本人がほとんどで外国人が少数派の会社は外国人

恋愛の対象として同性が好きな人、同性と異性両方好きな人

見た目ではわからない障害のある人

見た目でわかる障害のある人

民族・人種で言うと有色人種や少数民族など

 

 

・後天的要素や性格によるもの

 

人と同じでは嫌な人

常識人はしないような一見無駄なことを信念のもとにやってしまう人

前例がないことにこそ闘志を燃やす人

仕組みがなくて困るから自分が作ろうと思う人

評価されなくても自分の信念に基づいて行動する人

愛をもって後進のための実績を人知れず作っていた人

(後から蓋を開けてみて、部下たちが涙する種類のこと)

 

 

いくつあてはまりましたか?

私の知る限り、伸びている・これから伸びようとして

いる企業や組織のトップにはたいていこの上記どれかの要因を

(複数)満たす人が就任しているように思います。

ちなみに組織のサイズ関係なし。

 

(歴代ボスやいろんな人思い浮かべながら書きました。どれが誰とかの

 ご質問にはお答えしません~笑)

 

時々は差別されても、損してるようでも、不便なことがあっても

マイノリティであるって実は貴重な事。

 

だいたい、メジャーとかマイナーとかだれが決めたんでしょう。

 

かつて、塩野七生さんの 「サイレント・マイノリティ」を読んだとき

声なき少数派として、私の言いたいことをこんなに的確に表現してくれて

ありがとう と心から思いました。

多数派の「正義」を一刀両断にしててスカッとしますのでまだ読んでない

方はお勧め。

 

 

 

 

★★メールレターのご案内★★

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

FXの仕組み