このブログを通してお伝えしたい事

  ようこそこのブログへ!
このブログでは、私の20年以上にわたる外資系企業 ・日系企業での役員秘書としての体験をベースに、

既存のビジネス本やテキストには載っていない事、、

特に、心豊かなビジネスライフを送るために必要な

「エッセンス」をお伝えすることを目的としています。

昨今のデジタル社会・ネット社会において、

まじめに仕事をしようとすればするほど、

人と接することが減ってゆくように思えます。
その結果、自信の学びのために、人に会うということの

重要性が増しているという現象が起きています

私は、幸運にも秘書として仕事をすることそのものが、上司達はもちろんのこと、同僚、
取引先などビジネスパートナー、など一流の方々と一緒に仕事をする機会でもありました。
 

国籍にして7か国以上、男性も女性も様々なバックグラウンドを持つ
エグゼクティブの皆さんの行動を通して学ぶこと、また、言葉に出さなくても伝わってくる
雰囲気やオーラのようなものからも温かさや器の大きさのようなものを感じました。

日々触れる方たちから貴重な経験をさせていただいたと思います。
 
そして、そんな一流の方々と一緒に「右腕となって」、パートナーとして数々の困難や荒波を乗り越える
ことが出来た、という体験と自負が、かけがえのないものとして、自分の軸としてあります。

企業を離れてフリーランスとなった今でも、この信頼関係をベースとした体験は、
どんなことがあっても自分を信じる力となってくれていることを孤独の中でも感じています。

ここで、私が今までに出会った上司達を通して学んだことをいくつか挙げてみます。


本物を見抜く力

無条件に他人を信頼できる力

何がトラブルがあっても前向きにとらえる力

言い訳はしないこと

すべてを自分の責任として受け止めること

物事に優先順位をつけること

土壇場でのユーモアのセンス。。。など。


私がこの場をお借りして一番伝えたい事は、
直接人と会って交流することによって得られる「何か大切なもの」です。


一言でうまく言い表せませんが、その大切な宝石のような何かを
このブログの中で、少しずつひも解いてお伝えして行けたらと思っています。

お金では買えないこの貴重な体験を、思い出しては言語化するのに

まだ時間がかかりますが、この貴重な体験をただ自分だけの思い出にするのではなく

一人でも多くの働いている方に知っていただきたい、

届けたいという一心でこのブログを書いています。

特に上司や役員との付き合い方に悩むビジネスパーソンの方や

現役でお仕事をされている秘書の方にはいろいろな事例が

そのままご参考になることもあるかと存じます。

楽しんで読んでいただけたらこんな幸せはありません。

どうぞよろしくお願い致します。

※なお、特定の個人や団体に関する記述の箇所に関しては機密保持の観点からフィクションになっています。



 

外資系エグゼクティブの意外なお金の使い方(家族編つづき)

25322260935_e819d88d0c (500x281)

 

 

こんにちは。

 

少し間が空いてしまいましたが、前回の話の続きです。

 

私の知る限り、外国人エグゼクティブは、家族のためにお金で

解決できることはお金で解決します。

 

というと薄情に聞こえるかもしれませんが、そういうことでは

なくて、お金の有効な使い道を知っているからではないかと思えるのです

 

はたから見ていると、上手なお金の使い方がわかってるな~と

うなってしまったりします。

 

普段は、オフィスの電気をこまめに消したり、むしろ節約傾向

なのですが…

(エグゼクティブ、みなさんそうです。無駄な電気は自分で消す。

素晴らしいコスト意識。。。。)

 

例えばどんなことにお金を使うか?

 

家族の誕生日などお祝いごと(特に奥様、配偶者)

 

家族旅行、休暇の費用など

 

など。。。

 

奥様への花束手配を頼まれた時のエピソードは歴史に残るエピソード

かもしれないです。花屋さんも驚いていました。。。サイズと内容に。

 

それにしても。。。お金の使い方が上手いですね。

大きくインパクトのあるピンポイントな使い方をする。

本当にセンスあるな~ と目からうろこでした。

 

 

 

 

★★メールレターのご案内★★

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

 

★ Mihokoのおすすめ書籍(ビジネス関連)★

 

英文メールを書くときにとても使いやすい!まさに座右の書。

人気通訳の方の話題の本ということで手にしたのですが、

内容もとても分かりやすく、メールが3文でOK???

という奇跡のようなタイトル。

つまり書くことの要旨を3つの要素に分けて順番に記載するという

目からうろこの(でも超正統派)メール術です。

 

お勧めです! リンクはこちら↓
関谷英里子の たった3文でOK! ビジネスパーソンの英文メール術

Spot conversation (ちょっとしたお話)で相手を魅了するには

 

 

man-talking-about-architecture-ideas-picjumbo-com (1024x683)

 

 

こんにちは。

永田美保子です。

 

経営者として勝ち残ってゆくためには自分のブランディングが大切、

などと良く言われますが、すでに組織のカラーが出来上がっている会社の

トップも例外ではなく、もちろんセルフ・ブランディング命です。

 

制限のある中でいかに自分の役割を演じるか、それを「見せるか」

が評価の対象になってきます。

 

特に外資は「自分が自分が!」とアピールしてちょうど良いくらい。

わかりやすいとも言えますね。

 

そんな中、ほんの1~2分で相手の心をつかみ、強烈にアピールして

相手をファンにさせる、そんな達人に何度も出会う機会がありました。

 

 

それは何かというと、たとえば次のような場合です。

 

上司への来客としてお越しいただいたお客様で、応接室にお通し

する際に少し言葉を交わしたり、上司が来るまでお待たせしている間、

世間話をしたりします。
初対面でない方で、役職が変わられたり、会社組織

が変わった際はその旨を話題にしてお祝いを述べることも。

 

余談ですが、

私の勤めていた会社はそこそこの規模(日本の従業員は全部で約1000人)

でしたが、事務部門の人手が足りなくて、応接室へのご案内等は

受付担当がいるような大企業と違い、担当秘書が来客に対応する仕組み。

もうプライベート感でいっぱいです。それが好評だったりもしたのですが

秘書は大忙し。

 

話を戻します。

その来客と秘書とが言葉を交わす1-2分に何が起こると思いますか?

 

お目にかかったのは素敵な方ばかりでしたが、その中でも本当に魅力的な方は、

お話した際の対応だけでも違いが明らかにわかるので、

まず秘書がその方のファンになるのですね。

 

そういう方は、なにか特別なことをするわけではなく、物腰が優雅でただただ

印象が良いのです。 


場数を踏んでいる秘書でもうまく説明できませんが、

「お会いするとわかる違い」があります。 

 

なので、その後の対応がなんとな~く良くなります。

こちらもプロなのであからさまに差をつけるわけではないけれど

好感を持っている方にはどうしても気持ちの上で対応が良くなりますよね?

 

それが巡り巡ってビジネスに好影響をもたらさないとも限りません。

 

一方。。。もちろん良くないパターンもあります。

船井総研の舩井幸雄さんの著書に書いてあった話を読んだことがありますが

とある相手と業務契約を結ぼうかどうかという時、秘書が反対したエピソード

がありました。

秘書曰く、その相手の方は、船井社長に対しては平身低頭、丁寧な態度だけれど、

秘書と2人きりの時の態度が横柄でひどいということで、人間性に問題ありとのこと。

契約を見直した方が良いとの進言を聞き入れて、結果契約しなくて正解だった

(のちにその相手はビジネス上大きな問題を起こした)という話があります。

 

ここまで極端な例はないにしても、「ちょっと違うかな?」 ということは

私の経験でも、ごくまれにあります。幸い実害はないですが、あまりに目に

余る時はきっと私も船井さんの秘書同様、上司に進言したと思います。

 

話は飛びますが、知人で日系の航空会社のキャビンアテンダントを

長くしていた方から(80~90年代のまだ古き良き時代の事ですが)

サービスの一環として「スポット・カンバセーション」文字通り

CAがサービスの合間に乗客のかたと少しお話をする、というものが

勧められていたとお聞きしたことがあります。

 

どうやら、エコノミー、ビジネス関係なく行われていたようです。

(今も同様に行われているかわかりませんが)

ギャレー担当者もできるだけキャビンに出てお客様と会話するよう

にと指導されていたとお聞きしました。

 

これはおもてなしの一環として有効なのはもちろんですが(当時はまだ

まだ航空機に乗ることが現在ほど一般的ではなかったですし)

初対面の乗客といきなり仕事の話などをするためには、やはり幅広い話題

に対応できるようにしておく必要がありますから、乗務員のモチベーション

を上げるために良い事だったのではと拝察いたします。

 

また一方で、スポット・カンバセーションにはセキュリティ上の役割

(声をかけることによって不審人物がいるかどうかをあらかじめ察知する)

もあったのではないかな~

と、接客の第一線を経験すると感じたりもします。

 

 

 

 

★★メールレターのご案内★★

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

 

 

 

<Mihokoのお勧め - 英会話教室>
外国人エグゼクティブ担当だった時、精神的に落ち着いて業務にあたるための自己投資として4年間ほど通っていたところです。初心者向けをうたっていますが、上級者ももちろんOK、講師のレベルが高く、マンツーマンというのが、機密事項も扱う秘書向きです(グループレッスンだとどうしてもその日あったことや話題によっては話しづらいことも)

体験レッスンもやっているのでよかったら問い合わせてみてください。

↓ 



エグゼクティブにイラッとされない効果的なミーティング術

woman-checking-the-time-on-her-fashion-watches-picjumbo-com (1024x683)

 

こんにちは、

永田美保子です。

 

企業にお勤めの方は、何らかの事業の担当者としてエグゼクティブとの

打ち合わせ、あるいは報告などの機会が時々あるのではないかと思います。

 

相手は、分刻みのスケジュールで動いている社長や役員、事業部長など

となると、ちょっと緊張するミーティングの機会かもしれません。

 

アポイントを取った以上、スケジュール通りに進むとして、まずは

貴重な時間を取って頂けたことを感謝している、ということが言葉以外

でも伝わるとより良いですよね。

 

言葉では(特に外資系で英語で話す場合など顕著)いくらでもみなさん感謝の

言葉慣れしていてべらべらと言えると思いますので。。。

 

 

そんなコミュニケーションのうち、

私がはたから見ていてスマートな方はこれが出来ているな、これはエグゼクティブに好印象を与える行動パターンだな、と思ったことがいくつかありますので、ご参考になればと下記リストアップしてみます。

 

・約束の時間を守る

⇒ 基本でしょ? なぜかこれが出来ない人が意外と多いのです!
顧客の関係などで遅れるなら、それは会社としてはOKなことですから一報いただければ良いのですが、本当に現れないと秘書が社内を探しまくる羽目になります。(指名手配と社内では呼ばれており、秘書があちこち電話しまくります)。

 

 

・前もっての資料等の準備が良くされている

⇒ これは当然と言えば当然。内容によっては、会議室のスクリーンに映す手配の都合上、事前に秘書に資料を送っておくパターンも。

 

・必要以上に緊張しないでマイペース、態度に余裕がある。

⇒ あなた本人が緊張していても誰も気にしていないから、大丈夫です。

ここでは、話す内容が一番大事。

 

 

・与えられた時間をオーバーしないように話が簡潔にまとまっている。

⇒ エグゼクティブがもっと長く話を聞きたいと思うくらいに、簡潔に必要なことに答えるのがちょうどいいです。要点がわからない話をだらだらするのが最もマイナス(その前にエグゼクティブから何の件かというツッコミは入ると思いますが)。

 

 

・自分がここで何をすべきか、何のためにここにいるか理解している

⇒ これは特に勘違いしがちな点ですね。自分を過小評価することなく、何の為に呼ばれた

かを再確認。それ以下でもなくそれ以上でもなく。感情を入れすぎないでやることをやる。

 

 

・PCを持ち込むときは設定にも注意が必要なことも。

⇒ 細かいことですが、社内のwifiと有線LANの切り替えがうまく行かないなど細かいところで時間ロスしないようにあらかじめwifiにしておくなどの設定が必要です。

 

たとえば秘書は、自席にいる時も有線よりもやや不安定ではありますが常にwifiモードで社内ネットワークにつないでいます。急に上司に呼ばれても、ラップトップを開けてすぐに説明できるようにいつも臨戦態勢。

 

 

などなど、本当はもっとあるのですが、ブログに書くと差しさわりがあることもあり。

メールレターの中ではもう一歩踏み込んで詳しくお伝えします。

 

↓↓↓↓

 

★★メールレターのご案内★★

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

 

お勧めオンライン英会話

WOMANオンライン

◆ 講師もスタッフも、ALL女性で運営しているWOMANオンライン。

女性スタッフならではの感性・視点を活かし、ホスピタリティの高いレッスン・サービスを提供中。 1回25分のオンライン英会話

【カリキュラム】 英会話大手「NOVA」が監修のカリキュラムを採用。 8段階のレベルに分かれているので、初めての方から上級者の方まで ご自身にあったレベルのレッスンを受講できます。

詳細のリンクはこちら

女性講師によるきめ細やかなレッスン。

<Mihokoのお勧め - 英会話教室>
外国人エグゼクティブ担当だった時、精神的に落ち着いて業務にあたるための自己投資として4年間ほど通っていたところです。初心者向けをうたっていますが、上級者ももちろんOK、講師のレベルが高く、マンツーマンというのが、機密事項も扱う秘書向きです(グループレッスンだとどうしてもその日あったことや話題によっては話しづらいことも)

体験レッスンもやっているのでよかったら問い合わせてみてください。

↓ 



 

プロフィール

DSC_7359_original (200x300)



秘書育成コンサルタント・パーソナル秘書協会 代表 永田 美保子(Mihoko Nagata) 

  

ごあいさつ

不定期メールレターご登録

毎朝届くメールレターご登録

お問い合わせ

New !無料プレゼント・特別編集 外国人社長が好む”気分があがる” 接待用レストラン3軒 2017

メデイア等の情報

初の著書 「年収10倍アップの時間術」2017年2月20日発売! 

(出版社 クロスメディア・パブリッシング) 

Amazonのリンクはこちら 


マイナビエグゼクティブ・エージェント掲載中

2016年3月~月1ペース 署名入りコラム記事

こちらからどうぞ 


Wow!Me(ワオミー)アンバサダーの一人として就任、活動開始

2016年11月15日~「個人の得意が、誰かの役に立つ世の中を作る。」

というCtoC の新しいコンセプトに共感した各界のトップランナー達がアンバサダーとして選ばれています。

詳しくはこちらから

 


<出版記念トークイベント> 2017年7月26日(水) 『年収10倍アップの時間術』 著者・永田美保子による出版記念・トークイベント 東京都千代田区丸の内にて

無事終了いたしました!ありがとうございました。

 

10172015



カテゴリ一覧

リンク集

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページの先頭へ

FXの仕組み