共感しすぎに注意!

5369853241_e7b53264a3 (500x333)

 

 

こんにちは、

永田美保子です。

 

最近特にさまざまなご縁があって、いろいろな形で

社会の役に立ちつつバリバリ働いている魅力的な人たちに

お目にかかる機会が増えてきました。

 

たとえば、

 

・多国籍企業の管理職で時差や出張にも負けず活躍している方

 

・独立して自分で事業を起こして社会貢献している経営者

 

・会社勤めと自分の将来に向けて備えたい事をうまくバランスを取って

2足のわらじでこなしている方

 

・医療や介護の現場でまさに奮闘している方

 

・被災地の職場を復旧させようとしているプロジェクトメンバー

 

・・・どれもお話を伺っていると本当に素晴らしい。

 

自分の使命に沿って命がけで働くってこういうことだ

と涙が出そうに感動します。

 

ところが....

ところがです。

 

私は、お仕事の困難さを伺ううちに、

伝わってくるもろもろの情報を自分に取り込みすぎて、

なんだかどっと疲れてしまうことも時にあるのです。

 

どういうことかというと、私は物事に共感しすぎると

良くも悪くも影響を受けてしまう傾向があるのです。

 

そこで、何よりも予防!ということで、共感しすぎを防ぐには、

どこかでクールに割り切ることも必要。

 

以前よりはだいぶできるようになってきたので何よりです。

 

とはいえ、時々はクールになり切れないのも事実。

 

どうしたら良いのでしょうか?

 

そういう傾向のある方、いらっしゃいませんか?

 

 

 

対策の一つとしては、

 

自分が頑張りすぎないで、相手との境界線をキープする

 

 

ことかと思います。

 

がんばらないためなら、何でもします

(あれ、なんか文章変ですね。。。笑)

 

私が目指す社会の理想的な姿は

みんなが自分がやりたいことを楽しんでやっている社会。

他人に干渉しすぎず。

なので私なりの結論としては、無理は禁物。

 

心身の健康を損ねたら、その代償は大きいかもしれませんから。

 

先程、私の尊敬するかさこさんも

ブログで同じようなことおっしゃっていて苦笑。

 

他人との境界線がうまく出来ないで人の問題をしょい込む人は

悲劇のヒロインという。。

もう何も反論できません。。。。

 

 

 

 

☆少人数で行う限定講座のご案内

7/13(水)18:30~

外資系秘書の現場力・サバイバルスキルをUPさせる!

 

 

 

★★メールレターのご案内★★

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

 

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げたよりパーソナルな

内容はメールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

 

※ 特別無料プレゼント

購読者プレゼント:外国人社長 が好む 気分があがるレストラン 2016 (東京編)

外国人社長 が好む ”気分があがる” レストラン3軒を特別にまとめました。

 

こちらのフォームにご記入いただくと折り返しのメールでpdfを差しあげます。

 

 

 

 

お勧めオンライン英会話

WOMANオンライン

◆ 講師もスタッフも、ALL女性で運営しているWOMANオンライン。

女性スタッフならではの感性・視点を活かし、ホスピタリティの高いレッスン・サービスを提供中。 1回25分のオンライン英会話

【カリキュラム】 英会話大手「NOVA」が監修のカリキュラムを採用。 8段階のレベルに分かれているので、初めての方から上級者の方まで ご自身にあったレベルのレッスンを受講できます。

詳細は下記から

女性講師によるきめ細やかなレッスン WOMANオンライン。

 

☆そろそろ夏休みの計画を立てる方へ☆

ひそかにお勧めのツアー は、

 

【マイツアー】 です!

 

これは、近畿日本ツーリストグループの

ユナイテッドツアーズのツアー

なのですが、通常の格安旅行やツアーとは一線を画す

旅を提案しています。

 

「STYLEとSTORYのある旅」、「ホテルから世界が見える」

「暮らすように旅する」をテーマに、

 

通常の格安旅行やツアーとは一線を画すニッチでリッチ

な旅が特徴です。

 

そして、現地の情報収集となると、やっぱり

これでしょうか。

 世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

FXの仕組み