エグゼクティブの時間の使い方(裏バージョン)

 

え~~この話前にも聞きましたよね~~~

 

と言われてしまいそうなタイトル(汗)

 

じつは今回は時間軸の長さの話ではなくて

アポイントなど、一点一点のタイミングをどう扱うか

の話。 なので全く新しい話題です。

 

つまり。。。

著書 『年収10倍アップの時間術』

でお話してきた内容・・・・プラス

ちょっとだけ先を行っているのです!

 

そして。。。本書を一回読んでいただいた方が

初級トレーニング済、という事でわかりやすいとは思います。

 

さて、今回お話しすることは、タイムマネジメントの

バージョンです。

人によってはちょっと怪しく聞こえたりするので。

 

私が何を言いたかったかというと

 

エグゼクティブ達も

成功している人は とにかく自分が

一瞬一瞬よい気分でいることを

最優先させている傾向があるという事。

 

ある上司は、朝令暮改 もいいところで

指示する事がコロコロ変わる。。。

 

昔の真面目な私は良く怒っていました。

なにこれ? って。

 

しかし、最近やっとわかってきたのです。

 

一回決めたことにそんなに

固執しなくたっていいじゃない? 

 

ということに。

 

 

むしろ、ひらめき だったり 直感だったり

やっぱりこちらの方がいいと気づいたり。

 

常にベストの選択をしようと思ったら

修正はかぎりなく入る物。

 

そのために秘書・アシスタントがいるのです。

修正やリスケや、

またまた変更キャンセルでゴメンナサイをするために。

 

 

だから秘書の人で変更・リスケが嫌だという人は

秘書に向きません~

変更したりお詫びしたりがとっても大事な仕事。

 

 

結論としては、

 

一回決めたことに固執しなくても

いつでも変更してもキャンセルしてもいいのです

そうしようと、思いついたなら。

 

絶対守らなくてはいけない約束なんてないです

 

気のりがしない、やりたくなかったら

キャンセルOK

(一応地位のある社会人なので正当な理由は付けます)

 

 

実は、、、、このレベルの人たちの

「どうしてもやりたくない」という事自体が

結構重要なサインだったりします。

 

言語化できていないだけで

大切なメッセージだったりする(はず)

単なる気分といいつつも、なんとなくだけではないんですね。

 

そして、その重要な決断のために、

後始末のもろもろをやる役目の人が必要なのですね。

それが秘書なんです。

 

こうして考えるとかなり大事なお役目。

 

 

 

+++

書籍のご案内

エグゼクティブ達から学んだ20年分の

現場での経験を詰め込んだ、初出版の著書

 

年収10倍アップの時間術

(クロスメディア・パブリッシング)

購入者の方全員への豪華3大特典はこちらから

(本文中のキーワードが必要となります)

 

時間という切り口を通して、

成功者の人生観・世界観を 

人間臭いエピソード仕立てでわかりやすく

お伝えしています。

 

毎日の通勤時間中に一話ずつピックアップして

読んでも楽しんでいただける本です!

 

Amazon(紙の本)で購入する

 

Kindleで購入する

 

楽天ブックスで購入する

 

 

★メールレターのご案内★

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

深く掘り下げたパーソナルな内容はメールレター

でのみお送りしています。

(ブログにかけないこと、書籍にもかけないことなど。。。)

週1-2回を目安に不定期発行しています。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

<ご提供中サービスのご案内>

講座・セミナー・イベントをまとめたサイトを

オープンしました!

こちらから→永田美保子の講座・イベント最新情報はこちらから☆

 

***講座等のお知らせ***

 

☆今回限りのスペシャル企画・女性担当者に直接質問できる少人数制

 

今すぐOLの皆さんに知っていただきたいお金の話(入門編)

 

少人数制:残席少なくなってきました~

 

知識と人脈を持っていることこそが資産です!

是非この機会に「知って安心」の感覚を味わってみて下さい。

私も一緒に参加しま~す

(最初にお時間頂いてここだけの話、近況など話します)

 

5/13(土)午後の部のみ残席あり

 

 

☆一番人気・個人コンサルティング

一対一で2時間の中で何でもご質問ください!秘書以外の方ももちろん歓迎です。
詳細とお申込みはこちらから

 

※特別無料プレゼント 

 

購読者プレゼント:外国人社長 が好む 気分があがるレストラン 2016 (東京編)

外国人社長 が好む ”気分があがる”レストラン3軒を特別にまとめました。

間もなく2017年版ができますが、2016年版も永久保存版としてこの機会に!

こちらのフォームにご記入いただくと折り返しのメールでpdfを差しあげます。

 

にほんブログ村のランキングに参加しています。

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

FXの仕組み