受け入れることからエグゼクティブ対応は始まるといっても過言ではない

 

こんにちは、

永田美保子です。

 

 

エグゼクティブ秘書・一般秘書の特徴について、

私の生徒さん、クライアントさんが今熱いのです。

 

AI に取って代わられることのない、

「特殊技能」 であるエグゼクティブ秘書にはどうやったらなれるのか。

 

みんな頑張りすぎて、アタマで考えすぎちゃってるかも。

 

 

一つだけ大きなヒントを言いますね!

 

 

 

私が数年前、当時の欧州出身の上司に評価されていた言葉です。

 

つまり、

「なぜ私を秘書に選んだか」

 

の答えが、キーワードのような気がするのです。

 

この話はビジネスマンには響かないから、

残念ながら拙著には書いていないのですが。

 

そう、

なぜ彼の秘書として抜擢されたのか。(ほかにも候補者はいたはず)

 

 

もっと言うと、他の秘書と私とで何が違ったのか

 

自分では気付かない、わからないものなのですよね。

 

だから別の上司へ私の評価のフィードバックをされており

後からたのは聞かせてもらえたのはとてもありがたいことでした。

 

 

さてさて、そしてそれは、とてもシンプル。

 

「彼女はなんでも受け入れてくれる」

 

そう、「受け入れる」ことが大事なんです!

 

一旦受け入れた後に手放したり、違うことを提案したっていいんです。

 

でも一度は受け入れること。

 

過酷な状況で崖っぷちで働く外国人エグゼクティブは

受け入れられることを心から望んでいる。

 

従業員に、業界の市場に、日本やアジア全体に。

 

その第一歩として

共感や理解を自分の秘書に求めることは

ごく自然なことなのだろうと思います。

 

一部が全体をあらわす。

 

 

だから資質として、

異文化の中で人にサーブするときに

例え内面が伴っていようと、どうであろうと(極論ですが)

 

まずは受け入れること。

 

それがサービスをする人に求められる

最大に必要なポイントであろうと思います。

 

逆の立場に立てば、わかりますよね。

 

私も海外勤務時代、一人だけ外国人なのに、

ずいぶん周りから受け入れてもらっていたな。。。

と後から思いだすことがあります。

 

 

それができない秘書が意外に多いから、

次のステップに進めないだけ。

ちょっと辛口ですが、本当の話です。

 

 

そんな話、もっとリアルな話をしますので

寿命の長い秘書を目指す方は話を聞きにいらしてくださいね!

今回は、参加費も急な事もあり特別価格、破格です。

 

 

AI時代を優雅に泳ぎ切る!

エグゼクティブ秘書と一般秘書の違いについて

その対策についてお話します

 

「AIに使われるのではなくて使いこなす

求められるエグゼクティブ秘書になるための絶対必要条件とは」

※2日程ご用意しました!

 

緊急開講セミナー

「エグゼクティブ秘書と一般秘書の違いについて

今できることについて」

 

日程・場所:

平日夕方スケジュール

8月21日(月)19時~20時半 品川にて (恵比寿から変更)

(詳細はお申し込みの方にご案内します)

 

日曜スケジュール

 ・8月27日(日)14時~15時半 日本橋にて

(詳細はお申し込みの方にご案内します)

 

 

参加費: 両日とも6,000円 (税込)

事前振込となります。

定員: 各4名様

 

お申込み・お問い合わせはこちら!

 

 

 

 

 

 ♥大人気!<毎日届く最新メルマガ>

 

  365日 エグゼクティブ秘書が伝える仕事の哲学(セオリー)

  毎朝届くメールレターお申し込み はこちらをクリック!

 

 ♠ここでしか読めない!<不定期のメルマガ>
・ 不定期配信(週1-2回)ブログに書けない濃い内容の
  メールレター(無料)のご登録はこちら
 <ご提供中サービスのご案内>

 ☆直接お会いできると嬉しいです!

開催中セミナー・イベントの最新情報

・  一番人気! ⇒ 個人コンサルティングお問い合わせ
☆2時間じっくりお話を伺い、アクションプランまで。
 もちろん、一か月無制限のメールサポート(10,000円相当)付き。
・  講座・コンサルティングのご感想 

 

+++

 

著書について

2017年2月20日 発売

「年収10倍アップの時間術」

(クロスメディア・パブリッシング)

永田 美保子 著

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon(紙の本)で購入する

 

Kindleで購入する

年収10倍アップの時間術

 

楽天ブックスで購入する

 

 

 

 

 

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

FXの仕組み