外資系に良くある「政治的要素」 - 秘書としてどうかかわるのが正解か?

 

永田美保子です。

 

 

外資系企業の役員はもちろん

管理職や秘書も

 

「政治的」な動きが出来ることが実は必要だということ

ご存じの方も多いかと思います。

 

一方で、

え? 政治・・・ポリティックス・・・

 

なんだそりゃ?

 

とお思いの方も多いと思うので

 

わかりやすいように説明しますね。

 

社内政治・・・ 文字通り

 

通常行っているビジネス活動とは別に

 

政治的な要素 ~

人の思惑だったり

株主の意向だったり

企業なら企業の経歴に関連する事だったり

・・・

 

もろもろの要件が絡み合って

うまく行くものも行かなくなったりその逆もあり。

「調整役」が必要になるような事柄です。

 

ストレートに物事が運ばないで

力関係が発生するとでも言ったらよいでしょうか。

 

そんな場面をいくつか見たかもしれないし

見なかったかもしれません(笑)

 

 

秘書としては、

ややこしい事例に巻き込まれるのを防ぐためには

 

見ても見ないふり

仕事に集中している姿勢

 

を保つこと。

 

 

その上で最新情報は知っておいた方がいいですね。

でも、絶対しゃべらないことが第一条件ですが。

 

こいつは絶対にしゃべらない

 

と信頼してもらえて初めてちょっとだけ情報が

入ってくるようになります。

 

でも、自分の利益のためにそういう情報を利用する

ことはないですね~

 

そんなこんなでどうやって身をかわしながらサバイバルするか

取扱注意のお話でした。

 

 

メールレターでは、時々もう少し

深い話もしています。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

+++

私の書籍のご案内

エグゼクティブ達から学んだ20年分の

現場での経験を詰め込んだ、初出版の著書

 

年収10倍アップの時間術

(クロスメディア・パブリッシング)

購入者の方全員への豪華3大特典はこちらから

(本文中のキーワードが必要となります)

  

時間という切り口を通して、

成功者の人生観・世界観を 

人間臭いエピソード仕立てでわかりやすく

お伝えしています。

 

毎日の通勤時間中に一話ずつピックアップして

読んでも楽しんでいただける本です!

 

Amazon(紙の本)で購入する

 

Kindleで購入する

 

楽天ブックスで購入する

 

 

★メールレターのご案内★

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

深く掘り下げたパーソナルな内容はメールレター

でのみお送りしています。

(ブログにかけないこと、書籍にもかけないことなど。。。)

週1-2回を目安に不定期発行しています。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

<ご提供中サービスのご案内>

講座・セミナー・イベントをまとめたサイトを

オープンしました!

こちらから→永田美保子の講座・イベント最新情報はこちらから☆

 

***講座等のお知らせ***

 

☆今回限りのスペシャル企画・女性担当者に直接質問できる少人数制

 

今すぐOLの皆さんに知っていただきたいお金の話(入門編)

 

知識と人脈を持っていることこそが資産です!

是非この機会に「知って安心」の感覚を味わってみて下さい。

私も一緒に参加しま~す

(最初にお時間頂いてここだけの話、近況など話します)

 

5/13(土)午前の部/午後の部設定あり

 

☆一番人気・個人コンサルティング

新年度・特別価格でのモニター様募集中!


2017年4月5日から4月25日17時までのお申込み

5月末までの実施で

モニター価格で通常の半額の40,000円(2時間・税抜)でご提供します。

 

是非この機会にコンサルティングで一歩前進&

サクッと解決する気分を体験してみてくださいね。


特別価格でのコンサルティングお申し込みはこちらから!

2時間の中で何でもご質問ください!秘書以外の方も歓迎です。

 

※特別無料プレゼント 

 

購読者プレゼント:外国人社長 が好む 気分があがるレストラン 2016 (東京編)

外国人社長 が好む ”気分があがる”レストラン3軒を特別にまとめました。

間もなく2017年版ができますが、2016年版も永久保存版としてこの機会に!

こちらのフォームにご記入いただくと折り返しのメールでpdfを差しあげます。

にほんブログ村のランキングに参加しています。

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

FXの仕組み