【エグゼクティブの行動パターン】コーヒーは最後の一滴まで飲みほしますか?

cup-coffee-24759378

 

こんにちは、永田美保子です。

 

私は、秘書の仕事を通して、人は発する言葉以外の

何かによって動くんだな~ と良く思っていました。

 

特に、ポジションの高い方になるほど、何か気配の

ようなものを感じ取る能力が常人と違っている気がします。。。。

 

対するこちらも、何かに動かされるというか、操られる(汗)

感があります。

 

さて、時々、非言語で何かに働きかける、、、のような

言葉を耳にしますが、分かる様なわからないような?

気がしたので調べてみました。

 

ウィキペディアによると

非言語コミュニケーション(ひげんごコミュニケーション、英語:non-verbal communication とは:

 

人間はコミュニケーションを行う時、言葉を使い互いの感情や意思を伝えあってもいるが、「は口ほどにものをいう」といった諺にも示されているように、言葉よりも顔の表情・視線・身振りなどのほうが、より重要な役割を荷っていることがある[3]

人間は非言語的コミュニケーションを、顔の表情顔色視線身振り、手振り、体の姿勢、相手との物理的な距離の置き方などによって行っている[4]。また、非言語コミュニケーションには身振り姿勢表情視線に加え、服装髪型呼吸、声のトーン声質などの種類がある、とも。

 

うむむ、、、、これですね。

英語が完璧でなくてもこれを結構実践してる(されてる)かも。

 

極め付けというか、ものすご~く感銘を受けた非言語

コミュニケーションの例があります。

 

海外本社トップのCEOが来日し、東京オフィスにいらした際。

 

秘書がオフィスで、

「お飲み物は何が良いですか?」とお聞きしたら、

 

(ちなみに外国人相手だとたいていは黙ってお茶

を出さずに相手に選択肢を与えて何がいいか選んで

もらいます)

 

「そうだな、コーヒーがいいな。」と言われたので

コーヒーをお出ししました。

そう、いつものマシンで淹れた、飛び切りおいしい

わけでもないけど、いつもの普通のコーヒーです

 

すると、CEOは次の予定がある、大会議室に移るまでの

メールチェック中の短い間に、そのコーヒーを飲み終わっ

たようで。

 

CEOが小部屋を出て行ってから、紙コップをかたづけた同僚が

一言。

「一滴も残さずにきれいに召し上がったわ。」

 

それを知っただけで、他の秘書も驚いていました。

 

※念のためにご説明すると。。。飲み干していただければ

片づける手間も楽だし、思いやりというか、気持ちの良さ

などがにじみ出るというか。。。

とてもいろいろなことが感じ取れるひとつの出来事でした。

 

じつは、オフィスで出された飲み物を飲み干す人は少ないです。

(だからと言っていつでも絶対に出された物を飲み干せという

ことではないです)

 

また、通常は社内なら自分で勝手についで飲みます。

 

教訓:出されたコーヒーは最後の一滴まで飲み干すべし

 

 

 

 

★★メールレターのご案内★★

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

 

※ 特別無料プレゼント

購読者プレゼント:外国人社長 が好む 気分があがるレストラン 2016 (東京編)

外国人社長 が好む ”気分があがる” レストラン3軒を特別にまとめました。

こちらのフォームで申し込むと折り返しすぐに返信メールが届きます。その中のリンクをクリックするとpdfを受け取れます。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

FXの仕組み