一汁一菜でよいという提案 ~ 何を食べるかよりもどう食べるか

 

永田美保子です。

 

トラベルライターの知り合いの方に

お勧めされていた本を読みました。

 

日本料理の研究家で有名な

土井義晴さんの著書です。

 
一汁一菜でよいという提案
(グラフィック社)


 

 

私的なお料理の写真も載っていて

見ても楽しめる本です。

 

この本では、

タイトルを見ると間違えがちなのですが

料理を手抜きしなさいとか

手順通りにとか

美味しい料理をとか

専門家の教訓めいたことは一切書かれていなくて

 

(レシピはちょっぴりだけ載っていて

助かりますが()

 

土井先生の人生哲学のような本

 

何を食べるかではなくて、

どう食べるか。

最終的にはどう生きるか

 

とっても心の底から共感できることを

書いていらっしゃいます。

 

丁寧に行う事が大事。

家庭料理はおいしくなくてもいい

(役割の話)など

 

自分の軸を作り自分を大切にする事。

それが基本の「一汁一菜のご提案」

であるという事がわかります。

 

 

この本の内容が

プロフェショナルな秘書・アシスタント

の方の仕事の進め方、考え方とも

重なることがあるかと思いました。

 

丁寧な仕事をしたい方、

プロフェッショナルで居続けたい方には

特におすすめします。

 

 

***お知らせ***

 

新刊著書のご案内

「年収10倍アップの時間術」

(クロスメディア・パブリッシング)

 

 

★メールレターのご案内★

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

深く掘り下げたパーソナルな内容はメールレター

でのみお送りしています。

(ブログにかけないこと、書籍にもかけないことなど。。。)

週1-2回を目安に不定期発行しています。

 

<ご提供中サービスのご案内>

 

秘書向けセミナー・イベントの最新情報

 

永田美保子の講座・コンサルティング等最新情報一覧はこちら

 

 

*一番人気は2時間の、コンサルティングセッションです。

何でもご質問ください!秘書以外の方も歓迎です

マンツーマン個人コンサルティング 

 

 

※ 特別無料プレゼント 

 

購読者プレゼント:外国人社長 が好む 気分があがるレストラン 2016 (東京編)

外国人社長 が好む ”気分があがる” レストラン3軒を特別にまとめました。

 

間もなく2017年版ができますが

 

2016年版も永久保存版としてこの機会に!

こちらのフォームにご記入いただくと折り返しのメールでpdfを差しあげます。

 

 

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

FXの仕組み