秀吉のぞうりと秘書・アシスタントに必要な言語化力とイメージ力の共通点って?

 

今日、経営者で著者でセミナー講師などなど

をしている本田晃一さんの最新刊の本

 


はしゃぎながら夢をかなえる

世界一簡単な法

 

を読んでいたのです。

気持ちが軽くなる本ですね!

 

そもそも、本田さんは

経営者で日本一の個人投資家の

竹田和平さんに直接学んだ方、

ということで興味を持ったのですが

 

とにかく、面白すぎます。

 

まだ読んでいらっしゃらない方の

ネタバレになってしまうので

感想は控えめにしますが、

 

中でも、私が一番衝撃を受けた箇所がありまして。

一寸だけシェアしますね。

 

秀吉が織田信長のぞうりを懐に入れて温めた

あの有名なエピソードに関して

 

本田さんは普通の感覚で

 「相手の要望を先読みしてやれることをやろう!」

と読み取ったそうですが

(そういう方多いのではないでしょうか?)

 

 

なんと

(竹田)和平さんは、

 

「そうりを温めただけで天下が取れるのだ!」

 

と読み取ったということだそうです!

 

その心は? それは本を読んでいただくとわかりますが

 

ざっくりご説明すると

 

もっと楽にやれる、歯を食いしばらなくても

天下を取れる、と信じている人が居るという事です!

 

大富豪、大投資家の考えは凡人のはるか斜め上ですね!

 

でも経営者とは、多かれ少なかれそうでないと

つとまらないのかもしれません。

 

 

 

一方で、秘書はどうでしょう?

 

こちらもプロですから

相手によってノリや仕事のすすめ方

などを柔軟に変化させる

ことはもちろんできますが

 

時と場合によりけり、

やりすぎると疲れますよね・・・

 

まさに秘書こそ

特殊技能の職人です。

 

 

そんな「職人のセンス」を磨きたい方。

 

スキルとマインドのバランスを取って

心の独り立ちをしたい方。

 

11月25日から4回コースで開催の

 

秘書セミナー・4回連続講座

「秘書としてさらにセンスを磨くために」

 

ぜひのぞいてみませんか?

 

楽しんでいただける講座を

ただいま大詰めに準備中です!!

 

11/15(水)中までにお申し込みの方へ

早割での特別料金をご案内中です!

 

一回からの単発受講も(早割対象)可能になりました!

 

 

詳しくはこちらから!

 

少人数の定員ですので気になる方はお早めに。

ぜひ会いにきてくださいね。

 

 

さて、下記

動画でご案内もしています!

 

(1)(2) とも1分ちょっとで終わりますので

是非ご覧くださいね。

 

 

 

動画1.

センスを磨く、などというと敷居が高いと思われがちですが実は。。。

 

動画2.

11/25スタートの4回連続講座 「秘書としてさらにセンスを磨くために」について1分でご案内しますシリーズ(2)!

仕事上で、言葉で説明することができること、感覚で説明できること、その両方可能なこと。いろいろありますが、効果的な使い分けはどうしたらいいでしょうか。

 

 

動画(3)以降も次回につづきます!

 

 

 

 

♥毎朝7時に届きます。1分で読めるその日のキーポイント!

 

365日 エグゼクティブ秘書が伝える仕事の哲学(セオリー)

毎朝届くメールレターお申し込み はこちらをクリック!

 

 

♠ここでしか読めない!<不定期のメルマガ>
・ 不定期配信(週1-2回)ブログに書けない濃い内容の
メールレター(無料)のご登録はこちら
<ご提供中サービスのご案内>
☆直接お会いできると嬉しいです!
セミナーやコンサルティングに参加しようか
迷っている方、ご検討中の方は、
無料お試しカウンセリングセッションへどうぞ!

開催中セミナー・イベントの最新情報

一番人気! ⇒ 個人コンサルティング(2時間
New ! ⇒ 個人コンサルティング(45分)ナビゲーション版
講座・コンサルティングのご感想 
セミナーやコンサルティングに参加しようか
迷っている方、ご検討中の方は、
無料お試しカウンセリングセッションへどうぞ!
+++

2017年2月20日 発売

「年収10倍アップの時間術」

(クロスメディア・パブリッシング)

永田 美保子 著

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon(紙の本)で購入する

 

Kindleで購入する

年収10倍アップの時間術

 

楽天ブックスで購入する

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

FXの仕組み