秘書が上司に絶対言ってはいけない一言

PAK86_miagerebamidori1226500_TP_V

 

こんにちは。

 

今回は、秘書が上司との良好な信頼があればあるほど、言ったらNG

な言葉について考察してみます。

 

これは、先輩から習ったわけでもなく、失敗を繰り返したわけでもなく

自然と身につきました。

 

最近 エグゼグティブを役職で呼ばせないパターンの職場は増えていますよね。

 

〇○ 社長、 ではなくて

〇○ さん、とか。

 

社長! って役職だけで呼ぶ場合ってなんだか気持ちがこもらないし

名前はついていた方がお互いに気持ちいい気がします。

 

上司も秘書をXXさん、とか呼んでくれると

何かとても リベラルな(!) 仕事場みたい。

ちなみに、昔話をしちゃうと、私が20代のころはまだ女子にも

XXクン!と呼ぶ上司多数

それはそれで味のあるものでもありましたが

 

話がずれました。

 

外国人上司は日本通の方は 日本風に〇○ さん って呼ばれたがったり

スミスさん、みたいな。

 

それ以外若手の方は 思いっきり ファーストネームで

ジョン とか トム とか

 

さてさて、そんなお互いのサポートのキャリア、気安さの度合い

とは別に、ここでお伝えしたいことは。。。

 

実は、私、冗談でも、決して上司に言わないようにしていること があります。

 

 

それは 。。。

 

相手が調子が悪いという意味の事柄。

たとえば、具合悪そう、とか 顔色悪い、魅力がないとか(まあ普通そんなこと言わないけど)精神的に落ち着かなそうとか、 etc

 

一方で、シャツやスーツが汚れていたり問題があったら、さりげなく、しっかりと指摘しますよ

 

なぜ上記のような指摘が良くないのかというと、

・・・カンの良い方はわかってしまったかも

 

そう、口に出して言うと(ますます)本当になるからです!

何でも望むと叶うように、物事は口に出していうとほんとになったりします。

 

そんな言葉の力、エグゼグティブは無意識に身に着けている人も多く、

結構自然に使いこなしてます。

 

なので、そんな無用なことを言ってしまうような秘書は

(たとえ本当のことでも)いつの間にかお役御免・フェードアウト

ということにもなるのかもしれません。

 

気を付けたいですね。 日本人は空気を読むのは得意と言われていますが

現場でエグゼグティブのこういう感覚的なことも重要視して業務を行って

いるかどうか。

 

私は疑問だと思ってます。

 

自分に対しても同じですよね。 自分に対して良いことを言い続けるのってなによりも大事だと思います。 自分がまず自分に前向きな発言をしないと、誰もなにも言ってくれないという状況が起きます。

そしてだれかの口を通して自分に対する否定的な言葉が聞こえてきたら、自分をもっと大切にというサイン。

 

 

さて、一方で、本当に上司の具合が悪くて対応が必要なときはどうしましょうか?
 次回に続きます。

 

 

★★メールレターのご案内★★

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

秘書は上司への”愛情”を持てないとできない仕事? 続編

DSC01780 (800x600)

こんにちは。

 

ちょっとセンセーショナルなタイトルを付けたことを反省した

前回のエントリー、

 

秘書は上司への”愛情”を持てないとできない仕事? ですが、

 

今回はその続きです。

 

上司も秘書も人間同士なので、相性というものがそもそもあるはず

なのですが、こと仕事、となると秘書サイドはやはり常に上司の

事に対してアンテナを張っている状態になります。 (個人的

に自分の体験と周りの秘書業の方に聞いた結果)

 

ニュースで外国のどこかで事故があったりテロがあったりというのを

スルーしてしまうことが出来なくなり、目や耳に検索機能があるがごとく

上司の渡航先のニュースが真っ先に目に飛び込んでくるようになります。

 

たとえば。。。 2001年の911の時はちょうどアメリカに滞在中の

上司、帰国しようとして出来なくなってしまったほかの上司、他の国に

滞在中だったが飛行機等の影響を受けたマネジャーそれぞれの対応に奔走

しました。

 

台風がくれば上司本人の国内線フライトの足を気にするばかりでなく

上司の仕事の関係で出張できているビジターが飛行機がとばずに帰国

できなくなってしまう可能性を気にしたり。

 

多国籍企業のエグゼグティブ秘書をするということはすなわち

世界中のニュースが、他人事ではなくなるということですね。。。

 

自然に身につくそんな習性ですが、そんなことの余波でせっかくセッティングした

会議や出張旅程などすべてが全く無駄になる事も本当に多いのです。

砂の城のように作り直しです。。。

 

やはり秘書業務は 「愛」がなくては務まらない仕事なのだと改めて痛感しました。

 

つまり、何があっても自分を信じること、自分を愛すること

(それがないと他人は愛せないので)一見、無駄に見えることでも

無駄ではないと信じて継続できることこそが、秘書の適性なのだと思います。

 

けっして見た目とか、英語ができるとか、タイプが速いとかが重要なのでは

ないんです。

 

 

 

 

IMG_0639 (2) (480x640)

 

★★メールレターのご案内★★

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

 

秘書は上司への”愛情”を持てないとできない仕事? 

 

IMG_0591 (640x852)

写真は、クリスマス時期のライトアップした帝国ホテル前

 

こんにちは。

いきなりの思い切り誤解されそうなタイトルです(笑)。

 

この話題、ブログに書こうかどうしようか、誤解されそうだから

メルマガ読者限定にしようか、ちょっと悩みました。

でも、ブログにかけるところまで書いてみることにしました。

+++++++++++++++++++

 

 

ここで現役秘書の読者の方へ質問です。

 

秘書業務は担当している上司の事を本当に心から思っていないとできない仕事だな、

と感じたことありませんか?

 

私は、あります。何度も。 (まあ個性的な上司が多かったし。。。)

 

自分が本人だったらどうしてほしいか、代理としてやってほしいことは

何だろうとか、常にその人のことを考えていると、私はこの人にすごく

共感している。。。。と思えるようになってきます。

 

すると、次第に 「手に取るように」相手のことがわかってきます。

(こわっ。。。ひかないでくださいね)

 

メール一つとっても、ここでガツンと確認事項のメールを出しておいた方がいいか、

もうすこし様子を見た方が良いかなど、雰囲気で分かるように。

 

また、顔を見ただけで、声を聞いただけで、今日の交渉事が上手く行くかどうか、

何となくわかってくるのもこのころです。

 

すごく心の深い部分で共感して理解しあっているから「代理で」さまざまなことが

出来るんだと思う。

 

別に恋愛感情のような思いでなくっていいんですよ。(というか違う)

 

しいていえば「男同士の友情」に近いかな? 同志というか、戦友というか。

でもそれって地に足がついてて動じないから、一度同志になってしまったら

最強だと思いませんか。

 

何があっても私はあなたの味方、というドライだけどやけにしぶとい人物

(秘書の事です)が、就任中の担当者としてがっつり着くという。

仕事中は、割と常にその上司の事を考えてるんですよ!

 

こんな風ですから、秘書のいる社長さんや役員って大変だと思います。

心身ともにタフでないとやってゆけませんね。エネルギーとか氣に敏感な方はきついかも。

 

さて、ここで意外かもしれませんが、私見ですが、秘書が持っている実力

を存分に発揮できるかどうかは、実は上司の力によるところが大きいと思います。

 

秘書が仮に超べテランで自分でゴリゴリやれる人物だとしても、上司次第で全然

パフォーマンスが違うのです。

 

例えていえば、社交ダンスで男性のリードが良くないと、いくら女性が上手い

ダンサーでも得点になりませんよね。そういう感じです。

 

サポートする仕事のオーナーである上司のリードがとても大事。

 

こういう適度なリードでうま~く動いてくれるしぶとい秘書に出合えた上司の方は幸せ

かも知れませんし、また、同時に大変でもあると思います(笑)。

また、化学反応のように(よく人の相性を英語でChemistryと言いますがまさにそれ)興味深い事が起きたりするのです。

 

なんだか話の核心に触れる前に長くなってしまったので、詳しい事例は

まだ次回に書きますね。

 

 

 

★★メールレターのご案内★★

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

ブログに書いている内容よりもっと深く掘り下げた内容は

メールレターでお送りしています。(ブログにかけないことなど。。。)

例)エグゼクティブに接して直接学んだ、経営者として大切なこと

秘書の視点から学んだ、毎日の仕事を円滑に進めるためのお役立ち情報

意外と知らない、仕事を楽にするTIPS(小ネタ)

こんなやり方があったんだ、と驚く発想の転換法

効率重視ではなくて逆に「丁寧に」仕事をしたい人のための役立つ情報など。

 

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

 

週1-2回を目安に不定期発行しています。

もちろん、男女問わずどなたでもご登録歓迎しています。

 

プロフィール

DSC_7359_original (200x300)



秘書育成コンサルタント・パーソナル秘書協会 代表 永田 美保子(Mihoko Nagata) 

  

ごあいさつ

不定期メールレターご登録

毎朝届くメールレターご登録

お問い合わせ

New !無料プレゼント・特別編集 外国人社長が好む”気分があがる” 接待用レストラン3軒 2017

メデイア等の情報

初の著書 「年収10倍アップの時間術」2017年2月20日発売! 

(出版社 クロスメディア・パブリッシング) 

Amazonのリンクはこちら 


マイナビエグゼクティブ・エージェント掲載中

2016年3月~月1ペース 署名入りコラム記事

こちらからどうぞ 


Wow!Me(ワオミー)アンバサダーの一人として就任、活動開始

2016年11月15日~「個人の得意が、誰かの役に立つ世の中を作る。」

というCtoC の新しいコンセプトに共感した各界のトップランナー達がアンバサダーとして選ばれています。

詳しくはこちらから

 


<出版記念トークイベント> 2017年7月26日(水) 『年収10倍アップの時間術』 著者・永田美保子による出版記念・トークイベント 東京都千代田区丸の内にて

無事終了いたしました!ありがとうございました。

 

10172015



カテゴリ一覧

リンク集

PVアクセスランキング にほんブログ村

ページの先頭へ

FXの仕組み